新着記事

■新着エントリー
 ・01-05  ☆FGO 新年ピックアップでの奇跡(事件)
 ・01-03  ☆2015年アニメアウォーズ
 ・12-23  ☆告知?
 ・03-06  ☆ん?
 ・03-05  ☆ビルドファイターズとビルドファイターズトライ
■更新履歴
しばらくコメント表示は承認制にさせていただきます(スパム対策)

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄のラインバレル 第22話 「鬼を喰らうモノ」

2009年03月07日 18:49

ラインバレル

鉄のラインバレル 第22話感想です。

覚醒、そして共闘
.
サトルを救うため森次玲二と対峙する浩一。
強敵森次の前に浩一はラインバレルモードBを発動させるが……


何というどんでん返し^^;

まさかの展開に唖然でしたがようやく熱くなってきましたよ♪

森次さんのヴァーダントと対峙する浩一のラインバレル。
相変わらず力押ししか出来ない浩一に対し余裕の森次さん……驚くべきはその技量ですか。
一直線の相手とはいえ攻撃をいなしながら致命傷を避けた攻撃を繰り出してるとか……さらに浩一は事態を打開すべくモードBを発動して襲い掛かるけど

瞬間移動を見切るとか何という最強キャラ^^;

森次さんの強さ設定は異常w
どれくらい凄いのかというとフリーダムをガンタンクでいなすくらい(ry
冗談はさておいて、いくら空間転移を利用した瞬間移動を利用しても操縦者の攻撃パターンが変わらなければ何の意味もない。
沢渡とユリアンヌには無理でも暫く一緒に闘ってきて、敵としても刃を交えた森次さんなら見切るのは確かにたやすいでしょうね^^;

それにしても今回はよく動きますね^^
圧倒的な暴力を見せつけつつ、何かを浩一に伝えようとするような動き、森次さんは何度も言うけど本当に最強すぎる;
二人の戦闘が続き、ラインバレルのモードBは限界を迎えるも浩一の反応速度は上がっていて……

「応えたか……マキナ殺しが。愚直なまでのその意志に!」

何と表現すれば良いのか、圧倒的な殺気を放つラインバレルがヴァーダントの動きを止めて腕をぶった切りました^^;
その感覚を覚えておけという森次さんはおもむろに眼鏡をかけて……ってついに森次さんが帰ってきました♪
こんなに嬉しい事はない♪(オチツケ

フラッグ、そしてシャングリラが介し空の下、カトーシュ様はJUDA勢に向こうの世界からの軍勢を迎え撃つために共同戦線を張ることを申し出ます。
って、共同戦線とかなんてどんでん返し^^;

マサキのグランネイドルは向こう側の軍勢600万という大軍を先導するために不在、その間の交渉。
どうもカトーシュ様と絵美は本当に兄妹だったようで……向こうの世界の人間はマキナ人間、つまりは総体意思を統一され個人などの意志が完全に失われたもの。
いわゆる身体は人間だけど中身は機械の様な機械的な人間ばかりということでいいのかな?

よくもまぁ難しい言葉がずらずらと……理解するのがきついじゃないですか^^;

その事態を打開すべくファクターというシステムを復活させたのが城崎天児。
しかしその研究に目を付けられ存在を抹消されるかというところで天児自ら息子のカトーシュ様に撃たれる事でカトーシュ様が最後の希望として残り、絵美がラインバレルに……。

マサキはこの時に出てきたという事は向こう側の人間でありカトーシュ様はこちらへ尖兵と送り込まれたと話していたからその監視役と言ったところでしょうか。
加藤機関の抵抗勢力であったJUDAの無力化を自ら推進しようとしていた裏にはこういう事情があったんですね……まぁマサキが向こうの世界の人間であることについては何となく予想はついていたけど。

それにしても加藤機関の目的が向こうの世界からの軍勢を退け殲滅するための戦う力と意志を育て上げるというものがあり、その目的は達せられたとのことだけど……
ェ?まさか抵抗勢力はJUDAのマキナと加藤機関だけ?(滝汗
後ついでに言うなら他の人間については戦うとかそういうもの以前の問題だと思うのだけれど;
加藤機関による制圧によって屈服した国家群はどう考えても戦う力も意志もない気がする;
その上で600万という途方もない軍勢を前にJUDAと加藤機関だけで立ち向かうとか無謀すぎる;

共闘してこの世界を守る事について

「これは命令でも脅迫でもない。あくまでも選ぶのは君達自身。そう、しいて言えば切実な願いだ」

切実な願いとかこの言葉はこの作品ないでは卑怯では(汗
浩一は加藤機関がやってきたことは許せないけど世界を守るための手段が他にないのなら提案を受けると。
イズナは桐山閣下を通して機械的な統一意志、個人意志の喪失の様なものを見ているから、いの一番に賛成していましたね。
この世界の人類をこんな風にしたくない。そのビジョンを持っていたのがイズナだったわけですか^^
珍しく見せ場がry

浩一もあっさり受け入れるという酷い展開にならず、きちんと今まで加藤機関がやってきたことなどに眼を向けてそれを許せないけど、世界を救うために悔しさをにじませつつ手を組むという描写も好きでした^^
なによりあの直情的な浩一が怒りを押し殺して理性的に行動した事が驚きです(笑

石神社長は死ぬ事でフラッグとの融合を果たしたとか。
フラッグ起動には肉体を捨ててフラッグそのものと融合が必要だったそうでその役をやったのが石神社長だったわけですか。
ん?ということは意志自体はフラッグ内で生きていると考えても良いんですよね?
じゃああのプログラムミスみたいに都合の悪いところでフリーズする仕様は何だったのwww
あと同じ言葉を巻き戻して繰り返したり……確かにいつプログラミングしたんだよ的な突っ込みは頭にあったけど意思が中にあるのならそれすらもおかしいと思えるのですが^^;
石神社長はカトーシュ様の意図を読んでいて別の方策を探るために機関を抜けてJUDAを作ったと。
ちょっと納得できない部分があったりなかったりなんですがちょっと落ち着くまでこの部分は保留で;

フラッグ起動のため、そして加藤機関の目的の為とはいえ手を汚した森次さんも帰ってきたことだしめでたしめでたし?
まぁジャック・スミス的には森次さんと刃を交えるため敵対関係にあったJUDAに寝返ったのにこの展開は確かに嘆くよねw
完全にネタキャラと化したなぁ^^

理沙子はこの先の戦いを鑑みて親からの薦めもあってフラッグを降りる事に。
涙ながらに理沙子を含む人類と世界を守ると語った浩一を抱きしめるシーンは良かったと思います^^
……まぁ、見送りに関しては理沙子よりふさぎ込んだ絵美を優先させてしまったわけですが(笑
この場合矢島と道明寺に押し込まれたからしょうがないけど^^;

父親の託されたからではなく自分の意志はどうなのか

それを絵美に問いただす浩一。つまりこの場合改めて道を選べと言う事ですね。
戦うか、それとも……でも絵美は自ら一歩を踏み出して戦う事を選んだのか浩一の眼前に。
そしてついに理沙子、美海に続き絵美も浩一に……というところで警報。
この二人絶対こっち方面の運はないと思うw

ついにゲートが開くとか。
そういえば未だにこのショボイ子供向けのようなビームキャノンとバリアしか装備のなさそうなフラッグはどうしてこの戦いに必要なのかという説明がまだないですね。
シャングリラの一部らしいし合体して変形とか……ないですね、すみません(笑

今週は燃えまくりでした♪
何より森次さんが帰ってきたことが一番嬉しかったですよ。
にしてもなぜラインバレルの感想の方向性がこんな真逆に向いたのか^^;
いつもなら笑って終了なんだけどここ数回は感想が無駄に長い気もする。

それにしても最後の「最低です」×3回とか予想外すぎて吹いたwww
関連記事


コメント

  1. westernblack | URL | tEFtGiEI

    祝 社長「生存」ですね

    真逆に向いた無敵さんのような感想を見て、スタッフは「してやったり」とほくそ笑んでいるだろうと勝手に「想像」しています。原作読んでてもこの展開は「想像」できなかったですね。でも「想像」がキーワードの作品ですから、これくらい「想像」外のことをやってくれないと納得できなかったかもしれません
    社長はやはり「生きて」ましたね。つまり、あの無駄な繰り返しとかフリーズ自体、社長の「演技」=悪ふざけということではないかと思っています。加藤司令、もともと何でこんな変人を副官に選んじゃったのか…
    森次の真意が浩一の「特訓」にあることが明らかになる流れは期待の高まりから爽快感への流れがここちよかったですね。浩一の成長に満足した森次の会心の表情が素敵でした
    加藤は苦肉の策だったのはわかりますが、こちら側の人類が「想像以上」に弱かったので、結局使える戦力を潰してしまったような気がしますね(笑)伏線はおおむね回収されたようですが、残った回で何を見せてくれるでしょうか
    それでは失礼します

  2. 無敵 | URL | 3a4O4kSU

    >>westernblackさん

    コメどうもです♪

    >真逆に向いた無敵さんのような感想を見て、スタッフは「してやったり」とほくそ笑んでいるだろうと勝手に「想像」しています。
    そんなw
    しかし序盤のネタ展開からここまでくると確かに嵌められた感はありますねぇ……この部分に関しては素直に誉められるかなと^^
    同じGONZOのドラゴノーツは開き直ってネタ展開突っ走ってましたけどw

    >あの無駄な繰り返しとかフリーズ自体、社長の「演技」=悪ふざけということではないかと思っています。
    もうそう考えないと駄目な気がしてきましたw
    都合が悪かったからフリーズしたふりをして遊んでたんでしょうねぇ……本当に(良い意味で)どうしょうもない人ですw

    >浩一の成長に満足した森次の会心の表情が素敵でした
    ですね♪
    私も森次さんはいつこちらへ戻ってくるのか心待ちにしていたのですが、まさかこうも気持ちよく戻ってきてくれるとは^^
    まぁ前話まで完全に悪役だったので少し戸惑いもありますけどね^^;
    浩一も覚醒し、物語は終盤へ向かいますが森次さんの活躍に期待したいです。

    >加藤は苦肉の策だったのはわかりますが、こちら側の人類が「想像以上」に弱かったので、結局使える戦力を潰してしまったような気がしますね(笑)
    確かに(笑
    あそこまであっさり降伏されたらカトーシュ様もガッカリでしょう^^;
    それにしても戦力が心もとないですねぇ;

    コメントありがとうございましたm(__)m

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

鉄のラインバレル 第22話 「鬼を喰らうモノ」
次回予告から。 絵美の「あなた最低です」の連呼。 大きくなったらお兄ちゃんと結婚するってセリフは兄としは、やっぱりうれしい? 久嵩は妹萌えか? 鉄のラインバレル Vol.3 <初回生産限定盤>*デジスタック付 [DVD]柿原徹也, 能登麻美子, 福山潤, 中村悠一, ...
鉄のラインバレル #22 鬼を喰らうモノ
最終決戦前の超展開。 森次さん復帰から加藤機関との共闘へ。
[2009/03/07 19:14] 在宅アニメ評論家
鉄のラインバレル 第22話 「鬼を喰らうモノ」 感想
 加藤機関の真の目的が明らかになり、人類は人としての生き残りをかけて最終決戦へ…!という回でした。ずっと敵だった加藤機関と共闘とい...
[2009/03/07 19:18] Little Colors
「鉄のラインバレル」第22話
   #22「鬼を喰らうモノ」最強の敵として浩一の前に立ちはだかる森次。彼は、浩一が繰り出す攻撃を難なくかわしては、鋭い反撃を加えていく。負傷を重ねながらも、攻撃の手をゆるめない浩一だったが、森次の猛攻に遭い、ついに絶体絶命の危機に陥る。そのとき、ライン...
[2009/03/07 19:27] 日々“是”精進!
鉄のラインバレル #22「鬼を喰らうモノ」
鉄のラインバレルの第22話を見ました。#22 鬼を喰らうモノ最強の敵として浩一の前に立ちはだかる森次は、浩一が繰り出す攻撃を難なく避けては、するどい反撃を加えてくる。「早瀬、正義の味方になるとお前は言う。だが、人を救えぬ正義などに意味はない。大上段に正義を...
[2009/03/07 19:30] MAGI☆の日記
「鉄のラインバレル」22話 鬼を喰らうモノ
加藤の目的はこちらの世界を無理やり鼓舞して加藤や城崎がいた世界からの侵略に対抗する力を育てることにあった。森次はそれを手伝うために...
[2009/03/07 20:07] 蒼碧白闇
鉄のラインバレル(クロガネノラインバレル) 第22話 鬼を喰らうモノ
鉄のラインバレル(クロガネノラインバレル)  第22話 鬼を喰らうモノ 立ちはだかる最強の敵――森次玲二。 彼は浩一たちに、いかに未熟...
鉄のラインバレル 第22話「鬼を喰らうモノ」
「今の感覚を忘れなる早瀬 これで最終段階へ進める事が出来る」 今回もアバンから森次さんのカッコ良さが堪らない!!(笑) 異世界… セントラル...
[2009/03/07 20:16] WONDER TIME
鉄のラインバレル #22
ついに森次の裏切りの目的や、加藤機関の目的が明らかになりました!山下を追って富士の青木ヶ原樹海へとやって来た浩一は、そこでついに森次と戦うことになるのでした。言葉だけで力...
[2009/03/07 20:39] 日々の記録
鉄のラインバレル 第22話 『鬼を喰らうモノ』 感想
■鉄のラインバレルトラコミュ 鉄のラインバレル Vol.3 [DVD]柿原徹也, 能登麻美子, 福山潤, 中村悠一, 日高政光おすすめ平均 …間違いは後悔と始ま...
鉄のラインバレル #22「鬼を喰らうモノ」
森次さんに追いつめられた山下君だったが、そこに浩一が助けに来た! しかし森次さんは「今のJUDAでは、この戦に勝利することなど出来はしな...
鉄のラインバレル #22「鬼を喰らうモノ」
力任せのワンパターンな攻撃しか出来ない浩一に対して森次玲二の圧倒的な攻撃の前には、ブラックなラインバレルでさえ通用しないのは、お話になりません。
[2009/03/07 20:57] ゼロから
(アニメ感想) 鉄のラインバレル 第22話 「鬼を喰らうモノ」
鉄のラインバレル Vol.4 [DVD]クチコミを見る 立ちはだかる最強の敵――森次玲二。彼は浩一たちに、いかに未熟で力のない存在かという現実を厳しく突きつける。浩一は一歩も引かず、森次に立ち向かう。ヴァーダントと激しい戦闘を繰り広げる中、ラインバレルが見せたも...
鉄のラインバレル 第22話 感想
 鉄のラインバレル  #22 『鬼を食らうモノ』 感想  クリエイティブプロデューサーに谷口悟朗を構えた、GONZOの期待作!  原作漫画...
[2009/03/07 21:05] 荒野の出来事
鉄のラインバレル 第22話 『鬼を喰らうモノ』 感想
この展開は予想していなかったですが、今から思えばヒントはいろいろありました。鉄のラインバレル 第22話 『鬼を喰らうモノ』 の感想です...
[2009/03/07 21:14] メルクマール
鉄のラインバレル 22話「鬼を喰らうモノ」
『立ちはだかる最強の敵――森次玲二。 彼は浩一たちに、いかに未熟で力のない存在かという現実を厳しく突きつける。 浩一は一歩も引かず、...
[2009/03/07 21:16] Spare Time
鉄のラインバレル 第22話「鬼を食らうもの」
ここに来て大どんでん返し!! \(゜□゜)/\(゜□゜)/\(゜□゜)/ まさかの超展開でしたね~ JUDAと加藤機関、まさかの共闘! 真の敵は他にいましたとさ。 …うーん、残り話数少ないし、これ以上ひっくり返るってことはないと思いますが… それにして...
[2009/03/07 21:22] のらりんクロッキー
鉄のラインバレル 22話「鬼を喰らうモノ」
浩一vs森次さんの決着がいよいよ着くか!?(・□・) ラインバレルのモードBの攻撃もあっさりかわす森次さんどんだけー(・□・) でも山下くんは森次さんがわざと急所を外して攻撃してる事に気付いてますね。 つーか、ここまでやってる森次さんが全部芝居でやってました...
鉄のラインバレル #22『鬼を喰らうモノ』
『強いて言えば、切実なる願いだ』 よーやく加藤機関の真意も、森次さんの真意もハッキリしたラインバレル#22。 私個人の“切実なる願い”が叶い、森次さんを好きで良かった!と思わされたです。 眼鏡の演出がタマラなく心憎いぜ!! 鉄のラインバレル Vol.5 [DVD]柿原徹?...
[2009/03/07 21:39] 風庫~カゼクラ~
『鉄のラインバレル』#22「鬼を喰らうモノ」
「来い、早瀬。本物の暴力を教えてやろう」 山下を助けに、樹海へやってきた浩一。 案の定、森次玲二と戦うことになったが…森次さん、格...
鉄のラインバレル 第22話「鬼を喰らうモノ」
森次さんと加藤の真実---------------!「来い、早瀬!!本物の暴力を教えてやろう」って、今回はダーカーな森次さんにメロメロ(←死語)っす♪(わはは)今回めっちゃ狂気丸出しにして浩一をいたぶってるもんなぁ♪いいよ、いいよ!!ぞくぞくしますわ~♪「人を救えぬ...
鉄のラインバレル 第22話「鬼を喰らうモノ」
「諸君、戦う準備は出来ているな?」 浩一が加藤の提案を受け入れる話。 今回はラインバレルvsヴァーダントの決着が見れると思ってたんで...
[2009/03/07 22:12] 日記・・・かも
機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第21話「革新の扉」
 ヴェーダの所在地の情報を得る為、捕虜にしたリヴァイヴに詰問したスメラギ達。しかし捕えられているリヴァイヴの答えは、全くつじつまが合わなかった。逆に余裕の表情を浮かべ、脱出の機会をうかがっていた。その余裕を生みだしたのは、イノベイターの自我を取り戻した...
鉄のラインバレル#22「鬼を喰らうモノ」感想
「想像せよ!」それは全て、異空間からやって来るものに対抗するため!「鬼を喰らうモノ」あらすじは公式からです。立ちはだかる最強の敵――森次玲二。彼は浩一たちに、いかに未熟で力のない存在かという現実を厳しく突きつける。浩一は一歩も引かず、森次に立ち向かう。...
[2009/03/07 22:22] おぼろ二次元日記
鉄のラインバレル 第22話 『鬼を喰らうモノ』 感想
鉄のラインバレル  第22話 『鬼を喰らうモノ』より感想です。 加藤との共闘展開へ・・・。
鉄のラインバレル 22話 「鬼を喰らうモノ」 感想
鉄のラインバレル 22話の感想です。「鬼を喰らうモノ」森次との戦い。圧倒的ですね!ラインバレルがモードBになろうが関係ありません。瞬間移動しようが先読みしてれば関係ない・・・・か。浩一のことをすごく挑発してます。山下曰く、森次は決定的な攻撃をわざと与えて...
[2009/03/07 23:21] 日常的日記
鉄のラインバレル 第22話「鬼を喰らうモノ」
守る世界のため。
[2009/03/07 23:37] ミナモノカガミ
鉄のラインバレル 第22話「鬼を喰らうモノ」感想
晴れたけど・・・寒い。鉄のラインバレルO.S.T.早速感想。森次との戦い。ラインバレルの真の力がついに目覚める。そして森次、加藤の真意も・・・。カウンターマキナ、その意味も。なんというか、なんとなくこうなるのはわかっていたけど、こうもあからさまにやられるとそ...
[2009/03/07 23:39] 物書きチャリダー日記
鉄のラインバレル 第22話「鬼を喰らうモノ」 感想。
超展開ktkr!
[2009/03/08 00:10] もす。
鉄のラインバレル 第22話「鬼を喰らうモノ」
鉄のラインバレル 第22話「鬼を喰らうモノ」・・・燃えてきた。 本物の暴力 富士樹海にて対峙するラインバレルとヴァーダント。未熟で力が無くとも勝ってみせるという浩一に「本物の暴力を教えてやろう」と森次。主役級ロボの戦いは良いけど、曇り空なんだよなぁ。 イ?...
[2009/03/08 00:19] ひびレビ
鉄のラインバレル 第22話「鬼を喰らうモノ」
鉄のラインバレル Vol.5 [DVD](2009/04/22)柿原徹也能登麻美子商品詳細を見る 「来い、早瀬。本物の暴力を教えてやろう」 再び浩一の前に立ちは...
[2009/03/08 02:32] a cup of tea
鉄のラインバレル第22話
鉄のラインバレル 第22話「鬼を喰らうモノ」 【超・簡易感想】 いきなりの共闘展開に、ワロタ。(良い意味で それにしても、絵美って ...
[2009/03/08 08:36] 真・萌え声依存症候群
鉄のラインバレル #22
「鬼を喰らうモノ」 加藤久嵩、実はいい人(^^; つまり森次さんも社長もラインバ
[2009/03/08 09:48] Brilliant Corners
鉄のラインバレル 第二十一話
 盛大な状況説明ネタバレ回。森次、結局そうなのかよ…とか思ってたらまさかの加藤ま
[2009/03/08 22:24] ぶろーくん・こんぱす
鉄のラインバレル 第22話「鬼を喰らうモノ」
急に森次の顔がいい人っぽくなったと思ったら 森次さんは実は味方だったとかもうどうでもいいぐらいのまさかの超展開!思っていた展開よりも斜め右肩上がりで面白くなりそうと思う反面、その展開を認めたくない気持ちもちょっぴりあったりとなんとも微妙な心....
鉄のラインバレル #22
やっぱり森次さんは裏切って無かったよ!実は加藤も味方だったよ!というわけで今までの死闘は全部茶番でしたという驚愕の事実を知らされた...
[2009/03/14 22:32] けだめ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。