新着記事

■新着エントリー
 ・01-05  ☆FGO 新年ピックアップでの奇跡(事件)
 ・01-03  ☆2015年アニメアウォーズ
 ・12-23  ☆告知?
 ・03-06  ☆ん?
 ・03-05  ☆ビルドファイターズとビルドファイターズトライ
■更新履歴
しばらくコメント表示は承認制にさせていただきます(スパム対策)

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙をかける少女 第26話 「あしもとに宇宙」

2009年07月01日 11:23

宇宙をかける少女

宇宙をかける少女 第26話最終回キャプ感想です。

あれ?伏線……(滝汗
.
レオパルドを乗っ取り圧倒的な暴虐を繰り広げるプリンスに対し、ついに手を組んだ人類とネルヴァル。
そしてレオパルドはプリンスの中で目を覚ますが……


伏線未回収多すぎて涙目w

やっぱりあんな野球回いらなかったんですよ……何この消化不良;
DVDでもう1話付けてくれるんですね、分かります(((

s-ソラかけ26-01

レオパルドを止めるためには無限のエネルギーを供給し続ける7つの人口太陽とプロキシマの冠を切り離し、ブレインを守るQTローズを無効化する必要がある。
結局装備したもの全て取り外しということになるんですね^^;
本当に今までなんだったのかと(笑
秋葉はイグジステンズを率いてレオパルドへの直接攻撃を掛ける役割を任されるけど……やる気を見せているだけに逆に不安(苦笑

神楽はナミを引き受けるそうだけど普通に考えてナミフルボッコなんだろうなぁw
ネルヴァルを壊す前にいたぶってやりたいという神楽様最高です♪(マテw


「ゴメンねレオパルド。でも乗り越えさせて!」

……乗り越えた先に秋葉の成長があるのかと聞かれたら疑問符しか浮かばないのは何故だろう;
そしてレオパルドにはナミが待ち構えていたけどアオーンって何処の獣w
そんなキャラでしたっけ^^;

s-ソラかけ26-02

「つつじ、ラーメンが伸びるぞ」

このグループには緊張感というものがないようですw
生徒会長から戻ってこいというラブコールにも若干のデレを見せつつも拒絶したつつじ。
頬赤らめてるのって珍しい光景ですね♪

箱を使ってコロニーのコントロールを奪い返したネルヴァル。
ネルヴァルはベンケイとクサンチッペにレオパルドを止めるために手を貸すよう要請。

一方、秋葉達はというと

「行きなさい!秋葉!」

高嶺さんの見せ場これで終了とか涙目;;
密かな人気キャラだった高嶺さんだけど結局キャラクターを活かせずに最終回です。
本当にキャラだけ多くて使い方の下手な残念な作品だったなとつくづく以下略(((
4女だけではなく次女も5女も不遇だったなぁこの作品。
正直5姉妹にした意味がなかったような(ぇーw

秋葉が向かってくる事を知り慌てるプリンスの中のレオパルド;
表面化できない限りプリンスと共に攻撃を受けるしかありませんからね;
秋葉がイグジステンズをつれている意味を理解できなかったという事はレオパルドは宇宙をかける少女の意味を知らなかったということなのかな。
まぁブレインコロニーとの戦いに終止符を打つもの、所謂天敵になりうる存在の話だし知らなくても仕方ないのかもしれませんけども^^;

s-ソラかけ26-03

「私たちの武器は!」
「鉄壁のコンビネーション!」


ブーミン頑張っております♪
最終回だしそろそろ頑張っておかないとフ~されるかもしれませんしねぇ(笑
そういえばあの上司達はどうなったんだろうw
一方、ナミと神楽がついに相対すわけですが

「そのことだったら……ゴメンネ!」
「はぁ!?」


まさに「はぁ!?」な展開に涙目w
何処までナミ可哀想な子なんでしょうか^^;
神楽の場合洗脳されていたとはいえナミを悪の道に引っ張り込んでおいてゴメンネで済ませようとするとかナミとしてはやってられないでしょうこれw

「もう、話し方が悪いのかしら。すっかり拗れてしまった……仕方ないわね。物分りの悪い子は、体に教えるしかないか」

神楽さんのフルボッコ予告www
世の中って理不尽ですよねと改めて思った一幕でした(ぇー

s-ソラかけ26-04

「ちょちょちょ、ちょっと待てー!勝手にソウルシャウツを撃つなぁ!そんな事をしたら確実に枯葉達に殺されるぞ!やめろぉ!」

レオパルドに意思に反してカークウッドにソウルシャウツの照準を向けるプリンス。
というか原因はまた長老達ですか。妖刀の件といい正直生かしておく必要なかったような(酷w
秋葉達が止めようにも空間断層に阻まれ突入できない状態。

その時レオパルドを阻もうとクサンチッペ、ベンケイ、ネルヴァルの3体のブレインコロニーが集結♪
……今考えると生徒会とか出す前にもう1,2体ブレインコロニー作っておいても良かったような(ぇ
3体のブレインコロニーでも今のレオパルドのパワーには太刀打ちできないとか;

s-ソラかけ26-05

そんな中風音さんがネルヴァルにコンタクトをとり、レオパルドを倒すためについに休戦及び共闘が決定。
ネルヴァルの言うとおり確かに合理的だけど良いのかな展開的に……一方で相変わらず創造主なのにネルヴァルにも見下されてるフォン博士涙目w
良くも悪しくも親子ですねぇ(笑

「ハリボテボディは伊達じゃないのよぉ!」

ベンケイ&つつじカッコよすぎ♪
無謀ともいえる特攻でレオパルドからプロキシマの冠を切り落としたベンケイ。
ハリボテボディが殆どだから本体が傷つかなければ勝ちですものね^^
人口太陽を遮ったり何だかんだで一番頑張ってたのはベンケイですね(笑
大活躍にもかかわらず風音さんに「つみれさん」と間違えられてるつつじ涙目w
ここまで何回涙目使ったかな(汗

レオパルドコロニー内で空間断層に悩まされていた秋葉の元にいつきからイモちゃんが届けられました。
ついに感動の再会~……何でだろう、全く感動がないや(汗

「そんな事よりフォン博士から」

相変わらず目的以外のことについては無意識的に酷いいつきw
感動の再会のシーンなのにそんな事よりとかさすがすぎる(笑
イモちゃんが来たのはスターシルフのある機能を使うため。
大戦前の機体であるスターシルフはQT増幅器のリミッターを解除すればQTを無限に増幅できるそうで。
相変わらずのご都合展開ですがまぁ良いでしょう。
月から認証システムが送られてきて全員認証無しでローブ着用という反則技を使った舞乙よりは可愛いものです(笑

スターシルフの能力というよりQT無限増幅によりレオパルドの元へ行くという強い願いが空間断層を突き破って秋葉達をレオパルドの元へ誘うことに……

s-ソラかけ26-06

こちらは決着

結局ナミは姉妹の誰一人殺せずに力を失う結果にw
神楽によってプリマヴェーラを折られた以上どうもならないでしょう。
これから先ナミを待つのは今まで犯して来た愚行のツケ……だけど原因を作ったのは明らかにそんなナミに力を与えたネルヴァルたちだったわけだけど^^;

「後は自分で考えて行動しなさい。じゃあね、早く逃げないとまた世の中が変わっちゃうわよ」
「なんて、勝手なのどいつもこいつも!」


ナミは結局利用されるだけされて正気に戻ったとはいえ、自分を引き込んだ相手にフルボッコされて説教されるという同情しちゃいそうなくらい虚しい結末に;
神楽は操られていたとはいえあまりに無責任だし、ナミはナミで相変わらず自分本位ながら言ってる事は正しい;
最後までナミの主張、意見は通りませんでしたね。
まぁそれでこそナミなわけですが(酷w

s-ソラかけ26-07

「レオパルド!あんた其処にいるんでしょ!レオパルドは威張っててヘタレててどうしようもない奴だけどこんな事しない!利用されたままで良いの!?」

ちょっと前にほのかといつきに秋葉が言われた事。
自分の事ばかりでレオパルドの事を少しも理解していない、知ろうともしていない。
この点について今まで見てきた自分の中でのレオパルドを求めた秋葉、これは一種の成長かな。

どうせ数分後には無に帰すんだろうけど(ぇーw

「さっさと出てきなさいよ!この、バカパルドー!!」

バスターキック、だと……(滝汗
しかもどうあっても戻らなかったレオパルドの表人格が戻ってプリンスが置くに引っ込んだ形になりました。
何処まで気合で乗り切るつもりなんでしょうかこのアニメw

s-ソラかけ26-08

レオパルドからネルヴァルエクスプルーシヴコントロールで奪ったプリンス・オブ・ダークネスをネルヴァルの人間ボディに封じ込めるというフォンの奇策。
そしてそれで終わらないのがこの親子。

「迷わず撃て!レオパルド!撃つんだ!お前自身の負の姿、この父の侵した罪と共に!息子よ!」
「喜んで!」


ネルヴァルの人間体に封じ込めた事で身動きを封じた形になったプリンスごとカテドラル・ベンディスカを打ち貫くように命じたネルヴァルだけどレオパルドの即断即決吹いたwww
プリンスの最後の絶叫だった「貴様は最低だ、レオパルドォォォォォ!」は全視聴者の総意だったでしょう(笑

s-ソラかけ26-09

さすが父親、大喜びで撃って来ることくらい予測済みだったようでw
ネルヴァルは結局このまま投降、だけど長老衆は迷惑しか掛けていないのにでかい顔をするなと小一時間ry

秋葉は次元断層に飛ばされて行方不明だけど繋がっているレオパルドなら探せるはずと。
クサンチッペとベンケイにも協力を要請して大捜索開始。
「集中、集中」のシーンは先ほどの秋葉と被ってて笑えましたけどw
つつじが何か救命ポッド発見してたけど気にしない(ぇーw

s-ソラかけ26-10

「結局向いてなかったんだよね、宇宙をかける少女なんて」

向いてなかったとかそういう問題じゃないでしょう^^;
まぁ確かに後ろ向き前進の秋葉のようなタイプには難しい立場だったかもしれません。
逆に風音さんタイプが宇宙をかける少女だったら2クール必要なく完結してるでしょうし(笑
まぁ秋葉だからこそ2クールでも足りなくなってるんですよね♪(ぇ

「たまたまジャンプしたらお前がいただけだ!勘違いするな!」

ツンデレレオパルド可愛すぎるw
ブーミンは戦争終了後も公安ではなく怪奇課で雇われる形になるようですね(無理矢理w)
そしてナミはベンケイとつつじに拾われたけどこれからどう歩むのか。
もうプリマヴェーラもありませんし……結局最後まで救いがなかったナミ。
ある意味一番可哀想なキャラかも;

「じゃ、帰ろっか!」

終幕

……あれ?Cパートは?後日談は?




ソラかけ26-11

総評:

いや、駄目でしょうこれ……

構成も脚本も特に後半ですが酷いとしか言い様のない状態ですよ;
庇いようがないです……DVDは最後まで買い集めますが(ぇーw

最後は完全につぎはぎというか無理矢理ですし伏線未回収のものが多すぎ。
ほかのところでも色々挙げられていたけど私が思いつくだけでも

・えにぐまに貼られていた対ネルヴァル用のメモ
・50年前の大戦の全貌
・神楽がネルヴァルの手に落ちた経緯
・ほのかが一人生き残った理由
・長老達なぜ生きてた(笑
・いつきの両親の行方
・死者が出るなどの箱の不具合
・ハコちゃんは?
・生徒会メンバーの存在意義
・ブレインコロニー達の今後
・ナミの今後
・箱の中の人々の今後
・バスターキックの際に出た秋葉の紋章
・月面都市とウーレの現状及びヤマギワさんの無事かどうかの確認(重要w)
・エミリオ先生の風音さんへの恋の行方(ry


とりあえずヤマギワさんの生存報告だけでもしてほしい;
あれだけ風音さんのために体張ったんだから最終回で見せ場を作ってほしかった;;

もっとあるでしょうけどぱっと思いつくだけでもこんなにあるんですが……やはり第9話が全ての元凶ですよね。
ここから明らかに流れが変わりましたし。
無駄に1話消費したから語られるべきものがそのままになってしまったという……ドラマCDで少しは補完されるかもしれないけどDVD(BD)の特典でも何でも補足説明が欲しいと感じられた今日この頃。

"宇宙をかける少女"というキーワードを軸にして結局何が伝えたかったのか。
全く見えてきませんでした。

ヒロインの秋葉も結局成長らしい成長無しで終了、ライバルとなるはずだったナミは最終決戦前にあっさり組み伏せられて終了、救済措置無しなどほっぽりっぱなしも設定ばかりが後に残りました。
はっきり言ってキャラを無駄に増やしすぎ。
学園編をもっと丁寧にやって欲しかったなぁというのが私の中での残念な部分です……ネネコちゃんとフリオとか出番は殆ど前半だけで結局何のために出したのか分からないですしね;
自分を貫いたという点で評価できるのはつつじとナミのみといった感じかなぁ……メイン3人の終盤の友情については正直描写不足で違和感が;
まぁ描写不足なのは全体的になのでなんともいえませんけど(ぇー
そして生徒会長の地球孤児設定は一体何だったのかと(ry

ただ設定、発想自体は面白かったと言うのは事実。
ブレインコロニーやQTアームズなど折角こういう上手い素材を使うのに構成脚本が駄目じゃどうしようもない;

素材はいいのに腐らせてしまったという感じでしょうか。
花田先生途中降板してたけど何かあったのかな……
結局テーマが定まらずに最後までグダグダ終わってしまった感が強いこの作品。
非常に残念でした;
ストーリー、構成以外は良かったんですよね。音楽も絵も声優さんの演技も……本当に残念;

OPの「裸々イヴ新世紀」と「Miracle Fly」は両方とも好きでした。
EDは前期はともかく後期の「espacio」は神曲過ぎる♪

声優さんに関してはさすが福山さん、笑い声とかボケが最高です♪
ベストオブキャラクターだったら私は迷わずレオパルドに投票すると思います。
一方で秋葉役のMAKOさんも素晴らしかったと思います。
この人を最初に知ったのはスクラン2学期の一条からかな^^
今後にも期待ですね♪
ネルヴァルの銀河万丈さんも渋いヴォイスで魅了してくれました^^
ナミ役の南里さんも良い具合に狂ってた(笑

総合評価:C-

最後まで個人的に楽しめたし勝手に想像したり考察するのも楽しかったけど最終回の肩透かし間が大きいので結果的にこの評価。
それでもこの作品はけいおん以上に私はハマりましたし今後もDVD買い続けます。
そしていつの日か後日談か50年前を語られるOVAとか2期を希望したいなと♪
乃木坂だって2期やるんだからソラかけでも出来ると思うんですよ(((
その時は脚本構成にはきちんとした人選を以下略(ry

一部ですが言いたいことをようやく頭の中でまとめたので整理。

これについては異論反論あるでしょうけど、私はイモちゃんをあのまま退場させるべきだったと思っています。
最終話のQT増幅器云々はさておいてもイモちゃんを失うことでの秋葉の【自立】が見たかったからです。
物語の中でも語られているけど秋葉は自分本位で動くいわばお子ちゃまキャラ。
そんな秋葉をずっと支え続けてきたのがイモちゃんのわけですがそれをあの反物質爆弾で一時失い、その時の秋葉のショックは目に見えて表れていました。
これを乗り越えてくれたら秋葉は変わるに違いない!私はそう思っていました。
そしてレオパルドの封印を解いた時、確かに秋葉は成長したように見えました。



結局イモちゃん生存をクサンチッぺに知らされた後に秋葉が取った行動は今の状況も鑑みずに突っ込もうとする始末。
これは明らかに退化です。
25話でナミに言ったようにこの戦乱時にも「私には関係ない!」とか明らかに駄目秋葉状態。
これは秋葉が心の支えを取り戻したことで生じた甘えが原因だと思ってます。
せっかく自立しかけたところに生存報告で成長するチャンスを失った形の秋葉。
非常にもったいなかったと思う。
もしイモちゃんが生きていたとしても、帰ってくるのは後日談のほうが良かったと今でも私はそう思っています。
秋葉がイモちゃんがいない中一人で辛苦を乗り越えて一つ成長し、イモちゃんを出迎える。イモちゃんも秋葉の成長を喜ぶ。
このエンドを希望していた私としてはやはり終盤のヒロインとしての秋葉は残念だったと言わざるをえないです。

スタッフの皆さん、声優の皆さんお疲れ様でした♪
取らば先のブロガーの方々お世話になりました♪
素晴らしい作品をありがとうございました^^




FC2ブログランキング


にほんブログ村 アニメブログへ
↑物凄く下がり気味なのでクリックお願いします♪
関連記事


コメント

  1. YF-19k(kyousuke) | URL | vOF08ZPo

    神楽さん、フルボッコ予告

    これは教官直伝のやり方(笑)ですな、こうでもしないと後で獅子堂総帥にどうされるかわかっているだけに……。

    この親子は……

    ちゃんとけじめつけたと言う事は感心するけど、やはりネルヴァル担当CVさんを某縦ロール皇帝閣下担当さんにしたら面白いと思ったんですが。


    複線未回収

    OVAかセカンドシーズンに向けて残しているとか?まあ物足りないと言う声をあげればその後のOVA化もあり得ると思うけどね。

    やはり3クールは欲しい所だよ、寒い時代だね

  2. 通りすがりの旅人 | URL | -

    >伏線未回収多すぎて涙目w

    DVD版も補足説明がないまま最終話まで進めていったら売れないんじゃないか、と素人ながら感じました。何らかの補完は絶対必要ですよね。本来ならナミの改心、カークウッドの復興もとっくに済んでるはずなんですが。

    >はっきり言ってキャラを無駄に増やしすぎ。

    ブーミンが出てきた頃からずっと感じてました。フリオ、ネネコ、リリエリ、生徒会はメインとしてもっと活躍すると思ってました。
    ゆぴたんも必要ないと思ったのですが、実は彼が秋葉の婚約者とかwだから風音は秋葉の婚約を強引に進めようとしたのですね(妄想)w異星人との交流を復活させてビジネスに利用するために(暴走)w

    >学園編をもっと丁寧にやって欲しかった

    学園編で秋葉は出席日数をずっと気にしてましたね。風音の発言によれば学園長もかなり実力があるようですが、それを感じさせる描写はありませんでした。時雨の地球孤児設定とか恋の行く末も(ry

  3. YF-19k(kyousuke) | URL | vOF08ZPo

    景気が悪いのか?制作陣の読み違いか?

    とりあえず、EN供給を断つ作戦に

    まあ結構無駄骨な展開になったとは言え被害をカークウットにとどめるにはこれしかないので。


    Sっ気たっぷりな神楽

    よもや自分が担当するキャラがこんな事をするなんてと神楽担当CVさんは苦笑したと思いますよ。さすがにあのセリフ言ったら収録室が三度下がります(マテ!)

    時雨会長

    どうやらつつじの事は探していたらしいですが……どうも無理な様子。つつじが着用していたあれもQテクター?


    熱血、必中、努力、激闘、幸運


    秋葉の今回のケリにかかっていた精神コマンドです(笑)


    ネルヴァル、ザンジバルの二の舞は回避


    フォン博士はプリンス・オフ・ダークネスをネルヴァルの人間体ボディに移して、レオパルトに撃てと命じます。喜んでと言って満々と砲口向けた瞬間にネルヴァルが”少し待て!!”と言う表情になって……

    流石にルルパルト……皆さんのご期待にそってくれました


    あとネルヴァルの表情ってどこかで見たような……。


    不完全燃焼

    こりゃ複線回収する役目の小説すら別物(これはこれでいいですよ)だし、おまけ映像かOVAしないとだめでしょうね。


  4. 無敵 | URL | 3a4O4kSU

    >YF-19k(kyousuke)さん

    コメどうもです。

    神楽のフルボッコ予告は吹きましたw
    理不尽全開でさすがにナミが不憫w

    剣冠華を集めるのにあんなに苦労したのにまさかの解体とか……尺の都合でプリンスがラスボスになったのかもしれませんけどさすがにネルヴァルがあっけなさ過ぎて;
    やはりどこからかずれ始めてたんですよね、展開的に。
    あと私個人の見解ではつつじのラムちゃん衣装はQテクターかなぁと。
    そうでなければ色々と説明つかないところもありますし。

    熱血、必中、努力、激闘、幸運……激闘ってありましたっけ?
    あと秋葉に努力はないかと(笑
    努力→気迫だと思います^^;

    レオパルドのあの即決の速さは吹きましたw
    ネルヴァルといっても一応父なのに^^;
    ネルヴァルの顔はライディーンとかの顔に似てましたね、何故に(汗

    おまけ映像もそうですけどやはり二期かOVAにしないと厳しいかと。
    さすがにドラマCDのみでは回収不可でしょうし。

    >通りすがりの旅人さん

    コメどうもです♪

    そうなんですよね、やはり中盤余計な回を挟んでいたり第9話の野球回だったり無駄が多すぎですてやらなければいけないこと、終わっていないといけないことが終わらなかったのは売上的にもきついかと;
    ま、まさかDVDでは9話が別のエピソードに(笑

    キャラに関しては……ブーミンはともかくとして生徒会とか学園関係がどうも……;
    使わないのならそもそも学園自体なければよかったのにとすら思います。
    秋葉の年齢的に学校は必要だけど、この作品に必要だったのかと聞かれれば微妙です。
    舞HiME舞乙は一応学園が舞台だったのでよかったけど。
    ゆぴたんへの妄想は吹きましたw
    風音さんまさか異星人とまで婚約考えてるとかw

    学園もそうだけど時雨の地球孤児設定などいらない設定を増やしすぎたせいで伏線が無駄に増殖していった感が;
    最初から二期からが本番です展開だったら個人的には許しますが(笑

    皆さんコメントありがとうございましたm(__)m

  5. westernblack | URL | tEFtGiEI

    DVDを全巻お買いになる…無敵さんみたいな方がいっぱいいらしたら、この作品、何と言われようと商業的には勝ち組じゃないですか(笑)でも、そうしてキャッシュでおだてると、これもツヴァイやシフルみたいのができるかもしれませんね。こうしたご期待は他でも目にしました。私はこれらは見ていないのですが、こちらもこれらで補完された必要部分が結構あったようにも聞きますので、機会があれば見てみたいですね
    なんというか、このとっちらかった構成は確信犯だったと私は思います。そしてその節目は野球回であるというご意見に文字通り全力で賛同させていただきます!あの直後から「…あれ?でもまあいいか…」と思い始めた方は少なくないのだろうと思えてきました(笑)
    まじめな話としては、つつじとナミの共通性は終盤私も強く感じたところです。賛否はあるでしょうが、メッセージ面でスタッフが言いたかったことは、個人的観点では秋葉ではなくこちらに出ている感じですね。キツイことを言う神楽やつつじを「この野郎」とにらみつけるナミは第1話と比べると、とてもいい顔になったと思いました。まあ、序盤の人としてのコミュニケーションスキルが低かったというのがありますが、結果としては(負けることで)一番大きく成長したと思いますし、最終的には一番好きなキャラの一人になりました。ああ、そうだ、こちらでは申しましたっけね、周りに言わせると性格似てた(今もか?)らしいです、こやつと(笑)
    それでは失礼します
    p.s.ナミは後日談数話で実のあるものが描けそうですが、秋葉の自己実現には後2クールかかると思いました(笑)

  6. 無敵 | URL | 3a4O4kSU

    >westernblackさん

    コメどうもです♪

    全巻購入はもう決定事項なので……一応今期けいおん以上にのめりこんでた作品ですし残念な結果にしろ買おうかなと(笑
    続編についてはファンの声があるからとかではなく補完の意味も兼ねて作らないといけないと思います。構成はきちんと考えてほしいですね^^;
    9話は良い意味にも悪い意味にも取れますけどやはりこの1話分が終盤響いた感は大きいですね。
    ふざけずに過去話にでも割いておけばもう少しまともな構成になったのではないでしょうか、というか本当に何だったんでしょうかあれはw

    つつじとナミの言っていることはやはりメッセージ性が強かったというのは同意ですね。
    というか秋葉にメッセージ性とか全くありませんでしたしw
    どこかのブログで拝見しましたがナミの「なんて、勝手なのどいつもこいつも!」はスタッフの自虐なんじゃないかという意見もありましたが全力で賛同しました(笑

    ナミの成長というのは後日談、ドラマCD、続編(OVA?)などで触れたらそれなりのものができるでしょうが仰る通り秋葉の自己実現には2クールどころか4クールでもきついんじゃないかとw
    あんなに主義主張ころころ変わる軟弱キャラは珍しいですしね;

    コメントありがとうございましたm(__)m

  7. 印旛虫 | URL | -

    こんばんは、私はそらかけを見て、秋葉を初めて見た時、思わず一目惚れしました。まあイモちゃんの事もあったかもしれませんが、早く立ち直ってもう少しスーパーヒロインらしく戦って欲しかったです。
    それから、高嶺ですが、ネルヴァルに呪縛された期間が長かった分雪辱を晴らすようにもっと頑張って戦って活躍して欲しかったです。
    という訳で、高嶺君今度アニメに登場した時、敵に呪縛されないように、気をつけて、より大活躍するように、頑張って戦ってくれるよう祈ってます。
    それから、ナミ君、
    そらかけの写真集にて、既に改心して、
    芸能界に復帰したのはいいが、秋葉ちゃんともう少し仲良く
    なってほしいな。
    という訳で、もう少し延長して欲しかったです。
    もちろん、パート2やってもらいたいですね。期待しています。おやすみなさい。

  8. 無敵 | URL | 3a4O4kSU

    >印旛虫さん

    コメどうもです♪
    秋葉に関しては↑に書いた通りの印象ですが、、、まぁ可愛いですからね^^(マテ
    ただやはりヒロインとしては力不足だったかなと思いました。
    高嶺さんだけではなく冷遇キャラが多かったですね;
    高嶺さんの場合は人気もあったのにという話ですが人気もないので出張ってたのとか色々いますしね……バランスが悪いと思います;

    ナミは写真集(?)で普通に復帰してましたけど……秋葉と仲良くするというのはわかりますけどそれ以前によく復帰できましたねぇ……あれだけ暴れておいて何もお咎めなしですか;
    後日談に語るには少し都合のよすぎる展開に思えましたね;
    2期をやるなら構成と脚本を代えて欲しいですね;

    コメントありがとうございましたm(__)m

  9. 印旛虫 | URL | -

    あけましておめでとうございます。
    お久しぶりです。
    今頃言うのも何ですが、ネルヴァルを思い出す度にムカついて堪りません。
    あれだけの事をしておいて、今は普通の段ボール屋としてぬくぬく生きてんだから、僕が秋葉ちゃんや高嶺君だったら奴を一生許せませんし死ぬまでぶん殴りたい気分です。あと亀岡達クソ三幹部もギタギタにしてぶっ殺したかったです。
    本編の悪役達よ、
    聞いてるか!!
    クソバカヤロウ掘??瓩?爐鵑犬泙─?轡?愁奪織譟?憩鹽戮肇謄譽啣萍未暴个討?鵑犬磴佑Г勝?
    ああ、腹立つ!! あースカっとしたぜ!! 今年もヨロピク

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

「宇宙をかける少女」第26話(終)
   Mission26「あしもとに宇宙」(終)自分の道は、自分で見つけるモノ。レオパルドを倒すために、まずはプロキシマの冠の切り離しへ。作戦開始それぞれ出撃!ネルヴァルはカークウッドに戻ることに。イモちゃんはリカバリーを手伝う。クサンチッペとベンケイに協力を...
[2009/07/01 12:30] 日々“是”精進!
宇宙をかける少女 第26話「あしもとに宇宙」
「たまたまジャンプしたらお前が居ただけだ、勘違いするな!」 全ての戦力を駆使して、プリンス・オブ・ダークネスを破壊する話。 今回が...
[2009/07/01 12:35] 日記・・・かも
宇宙をかける少女 第26話  あしもとに宇宙
宇宙をかける少女 第26話  最終回 あしもとに宇宙 全戦力を駆使して、プリンス・オブ・ダークネスを破壊へ アフィリエイト
宇宙をかける少女 #26 あしもとに宇宙
山積みの伏線をラスト1話で回収できるか? …そんな些細な事を気にしていたら8スタアニメなど見れません。
[2009/07/01 13:01] 在宅アニメ評論家
宇宙をかける少女 第26話(最終話) 「あしもとに宇宙」 感想/総評
ノリと勢いはなかなか良かったと思うんですけどね。
[2009/07/01 14:10] ソウロニールの別荘
宇宙をかける少女 第26話「あしもとに宇宙」
   とりあえず後半は最高だった      結局最後までよくわからないことが多かったですが、  全体的なこと諸々は総括記事に回すこと...
[2009/07/01 14:39] アニメを考えるブログ
宇宙をかける少女 26話『あしもとに宇宙』
風音が指揮を執り、レオパルド包囲網を敷く人類。あれ…。 なんでレオパルドを討つ事になったんだっけ…。いまいち話に 入り込めないまま最...
[2009/07/01 15:25] Girlish Flower
宇宙をかける少女 第26話「あしもとに宇宙」
ラスボスがレオパルドになったってことは、 今まで頑張ってパワーアップさせてきたのが 全部跳ね返ってくるってことか。
[2009/07/01 17:54] 深・翠蛇の沼
宇宙をかける少女 Mission 26「あしもとに宇宙」
 最終回です。強引に終わらせたような感じのお話ですが、一気に収拾をかけるにはこういうドタバタ的なラストでないと無理なのかも。
[2009/07/01 19:16] つれづれ
「宇宙をかける少女」26話 あしもとに宇宙
終わった。 でもなんか無理やり終わらせた感も無きにしもあらず。 展開が速くて怒涛の勢いなのはいつもどおりといえるけど、それだけにエピ...
[2009/07/01 19:26] 蒼碧白闇
昨日の宇宙をかける少女 Mission26
「あしもとに宇宙」今回で最終回という事で、どうやって話をたたむのかなぁと思っていたのですが、細かいところの説明とかそういう事はないままでしたね。プリンス・オブ・ダークネスに乗っ取られたレオパルドを、ネルヴァルやクサンチッぺ、ベンケイまでもを動員して破壊...
[2009/07/01 20:17] 地下室で手記
宇宙をかける少女 (最終話)
宇宙をかける少女 {{{第二十六話「あしもとに宇宙」}}} {{{ もうどうでもいいくらい盛り上がらない黒レオパルドと秋葉たちの最後の戦いが始まる・・・ }}} == ナミvsアレイダ == === 「調子のいいこと言って、この道に引きずり込んだのはアンタでしょうが...
宇宙をかける少女 第26話(最終回) 「あしもとに宇宙」 感想
 ここまで続いてきたそらかけも遂に最終回を迎えました。見ているときは話が終わるのかヒヤヒヤしながら見ていました。最終回ということで、コロニー同士の戦いも見ごたえがありました。にしてもネルヴァルと共闘することになるとは思わなかったです。  とりあえず見た...
[2009/07/01 22:14] コツコツ一直線
宇宙をかける少女 第26話「あしもとに宇宙」
最後の敵はレオパルドの別人格、プリンス・オブ・ダークネス 序盤あんなに騒がれてたネルヴァルは結局投降という形。
[2009/07/01 22:25] 地図曹長道中記
宇宙をかける少女 第26話(最終回) 『あしもとに宇宙』 感想
■宇宙をかける少女公式HP/宇宙をかける少女トラコミュ 宇宙をかける少女 Volume 5 [Blu-ray]MAKO, 遠藤 綾, 牧野由依, 福山 潤, 小原正和 by G-Tools 『...
宇宙をかける少女 第26話「あしもとに宇宙」
最後まで、あなた最低です!な…レオパルドでした(^^; 敵となったレオパルド(青)相手に最終決戦。 時間の都合か、ナミは神楽にボコ...
[2009/07/01 22:51] SERA@らくblog 3.0
宇宙をかける少女 26話
あしもとに宇宙(そら) つつじを主人公にすればよかったんだ!! いろいろ伏線無視、獅子堂家は身勝手の一族、ナミが哀れに見えてくるとは思っていませんでした。なんか神楽に振り回された感がしてねぇ。ネルヴァルをまったく躊躇なく「喜んで!」...
[2009/07/01 23:37] 自己満足
宇宙をかける少女 第26話 最終回 感想
 宇宙をかける少女  第26話 最終回 あしもとに宇宙 感想  変わり行く人々  -キャスト-  獅子堂秋葉:MAKO  レオパルド:...
[2009/07/02 16:12] 荒野の出来事
宇宙をかける少女 第26話(最終回)「あしもとに宇宙」
なぜだかラスボスはレオパルドということで、最終決戦に赴く秋葉たち。 1人仲間はずれのナミは宇宙で吠えまくり!あぉーんw 神楽と母娘...
[2009/07/02 20:44] 空色きゃんでぃ
宇宙をかける少女第26話『あしもとに宇宙』
なんだ、かんだでおしまぃです♪
[2009/07/02 23:42] アニメ好きのケロポ
宇宙をかける少女#26(終)
第26話「あしもとに宇宙」 広げた風呂敷をもの凄いで畳むように終わった感じだねえ...
[2009/07/03 01:04] なりゆき人生.net
宇宙をかける少女 第26話(最終回) 『あしもとに宇宙』 感想
宇宙をかける少女  第26話(最終回) 『あしもとに宇宙』より感想です。 宇宙で少女は大団円で・・・?
宇宙をかける少女 「あしもとに宇宙」
宇宙をかける少女って結局何だったんだべ?
[2009/07/03 22:47] 自由で気ままに
宇宙をかける少女 第26話「あしもとに宇宙」(最終話)
復活感想記事第1弾はやっぱりこれ! これ書かないと6月終了アニメが締めらんないんで(^_^;) 面白さ という点では今期終了アニメの 他の追随を許さなかったと思います! 最終回、状況的にはかなり深刻なはずなのに 爆笑 の連続でした(*^o^*) 最終回1番動い?...
[2009/07/04 16:14] のらりんクロッキー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。