新着記事

■新着エントリー
 ・01-05  ☆FGO 新年ピックアップでの奇跡(事件)
 ・01-03  ☆2015年アニメアウォーズ
 ・12-23  ☆告知?
 ・03-06  ☆ん?
 ・03-05  ☆ビルドファイターズとビルドファイターズトライ
■更新履歴
しばらくコメント表示は承認制にさせていただきます(スパム対策)

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなめも 第05話 「はじめての、みんなでお風呂」

2009年08月14日 15:13

s-かなめも00

かなめも 第5話感想です。

ピンク色タイフーン(笑
.

s-かなめも05-01

今回ははるかさんのためのお風呂回ですね、わかります(ぇーw
ということで大分遅れましたが第5話の感想です^^;

序盤は台風とか雨の話題が中心だったけど、はるかさんが風でかなのスカートがめくれた時とか台風を擬人化して一人でキャッキャウフフし出した時はもう駄目だと思った(今更w

それ以上に駄目だと思ったのはゆめの非常識さ、というかまぁ純粋すぎる故なんですが主な勿論原因はゆうき。
てるてる坊主の由来はありえなさ過ぎる……こんなんじゃ将来一人で生きていけないんじゃないかと指摘したひなたに対してのゆうきの回答は

「いつまでも一緒に……一人で生きていけなくなれば、私といるしか、なくなるでしょう?」

怖すぎるwww何という未来計画www
いや、ここまで来るとガチ百合だ何だとかじゃなくて危ない^^;
はるかさんの次に危ない人だというのは分かりました。
勿論幼女大好きセクハラし放題のはるかさんはレベルが違いますがw

そのはるかさんはというとゆめが作ったかなに似せたてるてる坊主の中を見出すとかなんかもうヤバすぎる^^;
かながお返しにはるかさんのてるてる坊主をめくろうとすると、寧ろ自分のを見せようとしだすし早くこの人どうにかしてw

酔っ払いが出てきたけど全裸で何が悪いとか草○さんですかw
そんな酔っ払いも良いが一気に冷めて逃げ出すほど衝撃を受けた風新新聞の前に飾られたてるてる坊主……、ってこれ確かに普通に見たら首吊り死体に見えなくもない^^;

s-かなめも05-02

「ロリータ力68万。間違いない、かなちゃんのお友達の美華ちゃんよ!」

何というロリスカウターw
銭湯に行くという事でめくるめくハーレムと興奮状態のはるかさんにとってこれくらい造作もないという事ですか。
この人を野に解き放ったらこの作品的に本当に終了しそうw

という事で銭湯にやってきたかな達。
問題は当然はるかさんなわけですが最初に代理が手を打ってくれたようでこれで安心してみていられるのかな……

「いいえ、例え見ることがかなわなくても、私の拳はエロスに燃える!愛を掴めと轟き叫ぶ!はるか、いっきまーす!」

代理にメガネを封じられようと変態なのは変わらないはるかさんだけどスーパーモードになったところで代理に勝てるはずもなくw

s-かなめも05-03

そしてそれくらいではるかさんがめげるはずもなくw

美華の胸を揉みだしたり湯船ではかなに襲い掛かり胸を揉み出すという最早バーサーカーモード
結局代理の活躍によりひなたに連行されてはるかさんは撤収。
というか連れて来なければよかったんじゃ、、、いや、でも一人で生かせると帰ってきたら前科持ちになってるかもしれないし(ぇーw

最後は尺が足りなかったのかダイジェストが流れていたけど噂だと規制に引っかかって削除された部分があるらしいと言うことなのでこの辺りはきっとDVDで何とかなるんでしょう。
私は予算的問題で絶対買わないけど(((

本当にはるかさんが絶好調でした♪
逆にはるかさんがいないと盛り上がらないと言うのも個人的にはあれなんですけど……というより美華の無駄に登場頻度が高すぎる気がする。
勿論最初のキャラ数的に少ないけど出すぎ感も;

【本日更新別記事】
かなめも 第06話 「はじめての、恐い話」



FC2ブログランキング


にほんブログ村 アニメブログへ
↑物凄く下がり気味なのでクリックお願いします♪
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    かなめも 第5話 「はじめての、みんなでお風呂」
    湯気さん&猫さん大活躍の回! 今回の猫についてはDVDでは(ryってレベルでもないんだろうな、あれがなくなったらいろいろな意味で終わりそ...
    [2009/08/14 19:28] ムメイサの隠れ家



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。