新着記事

■新着エントリー
 ・01-05  ☆FGO 新年ピックアップでの奇跡(事件)
 ・01-03  ☆2015年アニメアウォーズ
 ・12-23  ☆告知?
 ・03-06  ☆ん?
 ・03-05  ☆ビルドファイターズとビルドファイターズトライ
■更新履歴
しばらくコメント表示は承認制にさせていただきます(スパム対策)

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大正野球娘。 第12話 「土と埃にまみれます」

2009年09月25日 21:24

s-大正野球娘。

大正野球娘。第12話感想です。

最高の試合、ありがとうございました♪
.
桜花会vs朝香中学の試合は3-0で序盤は桜花会がリード。
しかし4番柳が見つけた突破口から晶子の魔球が攻略され……


熱い、最後まで本当に熱い試合でした♪
ということで個人的にこのクール最高評価の大正野球娘の最終話です。
とりあえずBD買います。見れないけど(ぇーw

野球娘12-01

4番の柳が見つけた魔球の攻略法。
これについては後で判明するけど、この時点では私は小梅の配球の癖が読まれていたのかと思いました^^;
打たせて取るための魔球を見逃されてカウントを取りに行く直球を狙い打たれて点を取り返され、4番の柳には逆転オームランを浴びてしまいます;
それにしても柳さん、前回からカッコよすぎるでしょう……今まで朝香中学方面だと岩崎と判睦の方が目立ってたのにw

5-3と逆転を許した桜花会はアンナ先生を交えて円陣を組むけど、アンナ先生の言うように『魔球でカウントを稼いで相手の苦手コースに投げる』しかないでしょうね。
しかし攻撃は止まることなく連打連打連打……配球の方の問題じゃないということかな?
相手がどこを見て攻略しているのか、それを探るべくアンナ先生は記子に観察するように言うけど、、、というか記子は裏方に回ったら本当に大活躍ですね♪
プレイヤーとしてはさすがに胡蝶と比較するのも酷ですが^^;

試合中応援に行きたい合唱部の女の子たちとそれを許さない大口先生。
大口先生の場合は嫌悪しているとかそういうものではなくこの時代の振舞い方というのでしょうか、その部分を重点に置いて見ているから女子が野球をするというのを最後まで認めていないんでしょうね;
そして頑固者はもう一人……小梅のお父さんも三郎さんやお母さんに応援に行くよう言われても頑として聞き入れないし……

野球娘12-02

もう一つの魔球

魔球を見極められてしまい直球は打たれ、もはや打つ手がないと感じた晶子はもう一つの揺れる魔球ナックルを投げたいと小梅に進言。
だけど小梅はまだ捕れないようで、、、強行で投げたけど結局振り逃げで2点追加と段々と悪い方向へ;
しかしこの状況下、普通なら投手の勝手とも取れる選択だったけど彼女にとっては本当に最後の手だったわけですから責めることもできませんね……
ナックルはプロの捕手でも捕るの難しいらしいですからこれも大きな決断だったわけで……ただ私が言いたかったのはランナーなしの状態で投げればよかったのにと(汗

晶子が打たれて点が入っていく様を見ていられなくなった合唱部員たち、大口先生の静止を振り切って早退宣言♪
この部分は良かったなと^^
普段から桜花会が一生懸命練習していたところを見ていたわけですから……何より最初に抜けた3人は当初晶子と小梅と共に早稲田の練習を見に行った子たち。
こういう演出がベタだけどたまらなく大好きです^^


野球娘12-03

お雪さんのスーパープレイ

塁にランナーがたまって岩崎と絶対絶命の場面で岩崎の放った打球はライナーで外野へ、、、という打球を雪さんがジャンプ一番スーパーキャッチ♪
凄すぎるwwwとか思って見ていたら肩から落ちて手首をひねってしまったようです;
審判の加藤さんが雪さんの怪我の具合を鑑みて試合放棄を提案、ナインは皆あきらめムードが漂うけど、雪さんがその提案をバッサリ断ります。

「私たちが男子と試合ができるのは、これが最後の機会かもしれないのよ」

雪さんは昔からタマちゃんと共に男子に交じって遊んでいたけど大きくなったらそうはいかない。
だから晶子が最初野球をしようと言い出した時からずっとこの試合が楽しみだったと……

雪さんの言葉で再び闘志に火がついた桜花会は試合放棄などせずに試合再開へ、、、円陣見てるとがすごく燃えてくるけどそれよりも気になった岩崎さんの心境の変化。
前は女性を見下していた感がありましたが前回からは目に見えて見方が変わっていますね。
特に前回の練習試合でのボロボロからここまでの野球をやるまでに至った彼女たちの努力を認めているというのがもう♪

それは試合をしているナインも同じのようで、ここからは全国大会決勝のつもりでと雪さんの怪我があろうと手を抜かないと。
全力には全力で、本当に熱いです♪

野球娘12-04

「あなたたち!それでも東邦星華の合唱部ですか!?応援するなら、しっかり声をお出しなさい!」

大口先生キター♪
合唱部の子たちを見て怪訝な表情をしたからまた怒るのかと思ったけど別方向で怒るとは^^
予想範囲内だけどデレてくれると嬉しいものですねぇ♪

胡蝶のバントヒット、雪さんの手の痛みに耐えながらのセカンド強襲ヒット(?)、そしてタマちゃんのヒットで満塁で巴とおぜん立てが整いましたね^^
これもまさに諦めない闘志でもぎ取ったチャンス、乃枝の指示を無視して巴のフルスイングした打球は切れずに入ってグランドスラム♪
出来すぎ感もあるけど前に雪さんがきちんと皆のテンションを上げてくれていたから違和感なくというか熱く(何度目w)見ていられました^^
巴もさすが、、、というよりもやはりポテンシャルが高いんでしょうね^^

野球娘12-05

記子ファインプレーキター♪

朝香中学が見抜いた晶子の魔球の癖、見事にそれを発見していたとは^^
グローブが普通の時は直球、少し開く時が魔球とか……気づいた記子も凄いけど最初に見つけた柳さんが凄すぎるwww
その癖を直すのではなく利用する、さすが乃枝。的確な指示です^^
癖をつかむかつかまないかで投手への攻略でだいぶ違うけど、投手側(守備側)もそれに気付かれたかどうかを気付くのも大切。
そういう駆け引きも見ていて楽しいですね♪

野球娘12-06

守備面での大きな成長はわかっていたことだけどシーンとしてやってもらえると本当に滾ります♪
胡蝶、タマちゃんの中継プレイから小梅のブロック合宿で成長した鏡子のダイビングキャッチなど……特に鏡子は最初の練習試合での失敗がどうしても印象に残ってるからこうして見ると本当に感慨深いです。
そして巴の送球を足を広げて捕って体の柔らかさを生かした静、さらには投げられない雪さんへのセカンドゴロはタマちゃんにトスして代わりに送球とか……まさに大正時代のアライバというわけですね、わかります(ぇーw
4番の柳さんに対しては小梅が晶子に逆進言でナックルで料理、、、この球が序盤から使えていたらと思うと残念ですが、試合を通して気持ちの分でも成長したということなのでしょう^^

9-7のまま、回は最終回の桜花会の攻撃へ……

野球娘12-07

「バッカヤロォ~!!そんな簡単に諦めるんじゃねぇ~!!俺はそんな娘に育てた覚えは、ねぇぞぉ~!!」

ついにお父さんキター♪

最終回2アウトランナー1塁、バッターは小梅、カウント2ナッシングと追い込まれた状況でお父さんたちが駆けつけてきてくれました^^
岩崎の速球を前に折れかけていた心を奮い立たせて外野へのヒットで繋ぎます……ガッツポーズが可愛いなぁ(マテ
そして岩崎と晶子、許嫁対決ですがこのまま最後の打者になるのか、、、晶子の最後まであきらめないという目がすごく印象的でしたがまさかのセーフティスクイズとは♪
晶子が必死に走って1塁セーフで巴がホームイン、しかしこれで終わらずそのまま小梅がホームへ……絶対に同点にする、諦めない!という気持ちがヒシヒシと伝わってくるいいシーンでした^^

が、、、間一髪アウトでゲームセット;

最初のスライディングはセーフのタイミングだったけど捕手を避けていたために寄りすぎてベースに触れられず、もう一度チャレンジしてタッチが早くてアウトでしたか;
ギリギリの判断だったけど、これは隙を突いた良いプレーだったと思います。
本当に惜しかった;

野球娘12-08

「最高の試合、ありがとうございました!」

視聴者的にもこんなに熱い試合、素晴らしい試合をありがとうございましたと言いたいですね♪
許嫁同士である岩崎と晶子も和解、、、というか晶子がデレて円満解決でしたw
でもこの事があったこその野球だったわけですから……きっかけはこの出来事でも野球についてはもしかしたら今後もやれるかもしれませんし、一生の内で本当にいい経験をしたんじゃないでしょうか^^

そして……

「お嬢さん、そろそろ帰りましょうか」
「お嬢さん?」
「帰りましょうか?小梅さん」
「うん!」


三郎さんとすっかりいい感じになった小梅♪
ちなみにセーラー服へとチェンジしているのも注目ですが、手をつないで名前で呼び合うとか見ていてこっちも照れるじゃないですか(ぇーw
それにしても本当によかった、隣にいるのが判睦じゃなくて!(笑
一応朝香中学が勝ったから……小梅は三郎さんとの賭けに負けても名前呼びにしたんですね^^
将来はきっと三郎さんの方が尻に敷かれるんだろうなぁ(笑

大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray]大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray]
(2009/10/07)
伊藤かな恵中原麻衣

商品詳細を見る

これは2期も期待できる良い終わり方だったんじゃないかと♪
いつ発売されるかわからないけど原作4巻次第では女子同士の対決(3~4巻)という材料もありますしどうなるか今から楽しみですね^^
もしかしたらDVDBDの売り上げ次第とかだったら両方買います!……無理だろうけど買いたいです!(笑

総評

結局今のところこのクールで書ききったのがこの作品しかないわけですが、逆を言えば最後まで私の中で息切れせずに続いてくれた作品ともいえるかと。
野球好きとしましては燃えどころたっぷり、かわいい女の子が野球をするということで萌えどころもたっぷりだと思いますが、やはりいろいろな面での演出面がうまかったと思います。
最初野球が下手なのは当然としても、どんどん練習していって最後は……という展開が多いわけですがこの作品も例外ではないです。
でもその野球をやっているのは大正時代の、男女の立場的にも一番流動的であったかもしれない時代でその中心で野球をやった彼女たち、インパクトだけでも大きかったと思います。
そして最後は負けてしまった、負けて終わったのに清々しい気分で終われる作品も少ないと思います^^
最後までまっすぐに、一直線に青春に打ち込む女の子を可愛く描いてくれたので大満足な出来だと思います。

私個人としては胡蝶が一番好きでしたけど、乃枝の考えるある意味で嫌らしい、そして効果のある戦略や練習方法というのも印象的でした。
今の野球なら考える人も多いんでしょうけど、彼女の場合完全にこのチームのブレインとして戦略を考え実行に移していく手腕は見事でした^^
そういえば映画の時のあの人とはどうなったんでしょうね?
原作だと乃枝は違う人と、、、というか柳さんが巴とデートしてたりと色々設定が違うわけですが、その設定の違いについてはいつか個別記事で書いた方がいいのかな?
需要があるのかわからないけど。

主題歌「浪漫ちっくストライク」「ユメ・ミル・ココロ」は両方とも元気の出るような明るい曲、この作品にはぴったりだったなと^^
全体的に見ても作画もいい方だったと思いますし、特に不満点はなかったです。
この作品の場合、向かう方向も明確でしたしカオス回も無かった……辻打ち?あれは小倉矢八郎さんとの繋がり的にも重要な回だったので問題ないんですよ。
ソラかけの野球回とはケタが違うのです(マテw

声優さんで言うなら小梅の伊藤かな恵さん。
まにまにの美星でも主役を張り私が買うコンクールの2作品共にヒロイン……あ、野球娘のヒロインは三郎さんですけど(ぇーw
とにかくヒロインとして出番が増えてきてますしより一層注目していきたいところですね^^
元気娘の役は伊藤さん!といわれるところまで行ってほしいところ。

晶子の中原さん、雪さんの能登さん、巴の甲斐田さん、タマちゃんの広橋さん(タマ的な意味で)は鉄板でしたね^^
とりあえず判睦も花井春樹ゲッフン川田さんがぴったりだったのも認めざるを得ないw

これからとしてはドラマCD(TV版キャストで)とか2期を本当に期待していきたいところ。
特にこの試合が終わったことで当面の目標は終わったわけですが彼女たちが野球を続けるのか否かというのがすごく気になります^^

総合評価:A

反論は受け付けない!(ぇーw
結局は個人の趣味、楽しんだ勝ちということですよ♪
楽しんだけど評価が低かったソラかけっていったい(笑

スタッフ、キャストの皆様素晴らしい作品をありがとうございました♪
ブロガーさん、いつも見てくれてる皆様、1クールお付き合いいただきありがとうございました。
来期もよろしくお願いします^^




FC2ブログランキング


にほんブログ村 アニメブログへ
↑物凄く下がり気味なのでクリックお願いします♪
関連記事


コメント

  1. ども、TBで毎度お世話になっているきつねです。

    サテサテ…
    ≫その設定の違いについてはいつか個別記事~
    の件ですが、出来たらばその内容は知りたいのでもし書いたのであれば最終回の記事で構わないのでTBをいただけたら…必ず読みにきてコメントの残すようにしますので是非に…お願いします。
    (こういうことを書くということは原作を読む気が無いことの表れなんですけど…(爆))

  2. 無敵 | URL | 3a4O4kSU

    >きつねのるーとさん

    コメどうもです♪
    まさか希望される方がいるとは……(汗
    了解しました、挙げ次第TB送らせていただきます。
    まぁ……過度な期待はしないでください(笑

    コメントありがとうございましたm(__)m

  3. Bるへるみな | URL | IrtbeKVU

    この作品は俺にとって浪漫ちっくストライクな作品でしたwww

    俺はもともと環派だったけど最終的には胡蝶の魅力に惹かれまくりんぐでしたw

    最終的にはさぶろおおおおおおおおおおお!!な作品でしたが全体的にまとまってましたw
    一つだけ言いたいとしたら、2クールでもう少しゆっくり展開したものも観たかったw

    まあ結局あの魔球はなんだったんだろうという疑問は残りますがw

  4. westernblack | URL | tEFtGiEI

    大正期は男女の立場が「流動的」…これは鋭いご指摘です。プロの歴史家でも、この微妙なトコロに思い至らない人の方が多いのに…。私もなかなか言葉にならないのを、うまい表現で示していただいた感じで、ありがとうございます。っていうか、私も頭ではわかってるつもりでも、よく見落として、賢い方から何度も指摘されて反省なのですけど(滝汗)
    そこを巧みに浮き彫りにした作品もさることながら、ビシッと指摘された無敵さんが凄すぎます。この調子で大学の勉強も(やかましい 笑)これなら相手によっては大学教授でもギャフンと言わせられますよ?(マジです)
    それを象徴するのがヒロインの三郎さん。オカマで漢というパターンとは別の切り口で、「女の子みたいだけど決して軟弱ではない」見事な男性ヒロイン(マジです)でしたね
    大口先生はご指摘のようにこの時代の女性の一つの典型的なあり方ですね。「女性解放」の叫びに対して、江戸時代以来の「婦道」を近代的な形で説くタイプで、この時代ばかりでなく、第2次大戦後も長く社会で大きな力を持ち続けた考え方ですよね。ちょっとここには書けないお下がらみの表現で、「女は男がいてこそ」と叫んだ女性もいまして…。洋装で西洋音楽の合唱部でそんなの?とも見えますが、欧米にも「淑女のたしなみ」の伝統があるわけですから、そういう面でもこの時代を代表しているのでしょう。でもあらためて考えてみると、そういう人でも皆が「弱い女性」を推奨しているわけではなかったのですよね。そういう面もうまく展開に乗せて描かれて、とても巧みでした
    雪さんが第1話からお気に入りの私は彼女の思いの熱さが語られたシーンに大満足。ラインバレルなんかもそうですが、どうも私が望むシーンというのは最終回まで引っ張られることが多くて、スタッフさんの撒く餌ににうまくひっかけられてます、私(笑)
    柳クンは前回のご返信で「ああ、やっぱり俺も男中心の考え方になってるな」と恥じ入りました。そういうことを考えさせてくださったこの作品と無敵さんに感謝です
    OPとEDは私もCDは経済事情で買っていませんが、脳内では日常的にヘビーローテしています。本当に癖になる曲ですね。「やる気」を出させるモノがあります
    伊藤さんは今や私も大プッシュの感じですね。しゅごキャラで出てきた時はこの人大丈夫だろうかとか思ってしまって、本当に失礼しました…。デビュー以来の成長ぶりが凄い声優さんというのもたくさん記憶に刻まれてまして、「有望株」の方にはなおのこと期待が高まりますよね。私も次回作にも期待しています
    今回も含めて、特にこの作品では毎度長文+小難しい話、失礼しました。いや、日本近現代史好きなもので、ご記事を拝読すると反射的に聞いていただきたくなってしまいまして…そんなコメントに丁寧で誠実なご返信ありがとうございました(恐縮 汗)
    それでは失礼します

  5. 無敵 | URL | 3a4O4kSU

    >Bさん

    コメどうもです♪
    私的にも浪漫ちっくストライクでしたwww
    各所で見てるとやっぱりタマちゃんか胡蝶に人気が集中してる感じですね^^;
    胡蝶は可愛いので是非妹に(ry

    そしてやはり三郎さんは最高ということでw
    あの魔球、SFFとかシンカーとかムービングかと色々考えましたけどどうだったんでしょうね;

    >westernblackさん

    コメどうもです♪

    流動的というのは何というか……書いてる流れの中で勝手に出てきたというか(笑
    基本的に考えるよりまず書くほうなので、、、すみません(汗
    大学の勉強、、、まずは出席するまでが大変で勉強どころではないというのが現状です(涙目

    三郎さんの場合、女の子というよりも純情なところが他のキャラクターに比べて際立っていた感じがあって、そこが「女の子みたい」というのはありましたね^^
    そして軟弱ではない、この部分はもし軟弱ならまずお父さんに認められていないでしょうし(笑
    最終話でお父さんを説得する三郎さんはかっこよかったです^^
    でも結果的にはやはりヒロインですねw

    大口先生のくだりは……正直難しいですね;
    確かにその時代の女性を代表してる感じに描かれていてとてもよかったは思いますが、彼女の厳しさは生徒への愛ですからね。
    何と言いますか、、、すみません、自分でも何を言えばいいのか分からなくなってきました;

    雪さんは本当に最終回でおいしいところ持って行きましたね♪
    負傷してもなお熱き思いを胸に戦うことを選ぶとかもうこれで燃えなかったら駄目ですよ♪
    このスタッフさんたちは色々と餌といいますか前にまいておいて伏線を回収するのが上手いなと。
    どこぞのソラかけゲッフンにも見習ってほしいものです^^;

    柳さんに関してはまぁ、思ったことを正直に書いただけですが最後まで本当に男女という壁を気にせず堂々と戦ってくれたとしたキャラクターだったと思います。
    朝香中学メンバーではもしかしたら一番人気なんじゃないでしょうかw

    OPとEDは私も買っていません;
    後者の方はほしかったんですが……最近DVDの出費が多くてシングルCD買うお金が捻出できなくて;
    伊藤さんの声は歌もそうですが本当に元気が良くて勢いがある、最近出てきたばかりの声優さんでは貴重なタイプだと思います^^
    このまま元気のいいキャラクター、今期では佐天ちゃんとかもいますけど頑張ってほしいですね^^

    毎度コメントをありがとうございました♪
    私の場合知識とかがたりずあまり上手く返信できませんでしたが少しでもご満足いただければなと思います;
    日本史、得意だったんですが現代史は苦手でした(苦笑

    皆さんコメントありがとうございましたm(__)m
    返信が遅れて本当にごめんなさい(涙目;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

■大正野球娘。 第12話「土と埃にまみれます」
 みんなで力を合わせて、最後まで精一杯戦って、試合は終了。  それぞれがそれぞれに、自分の持っている能力をフルに発揮していましたよね。  特に後半なんて、見てい
[2009/09/25 21:57] ゆかねカムパニー2
大正野球娘。 第12話「土と埃にまみれます」(最終回)
大正野球娘。 野球乙女手帳 (アニメージュ文庫 A た 1-1)(2009/09/25)アニメージュ編集部商品詳細を見る 結果的には私の予想した通りになりました。...
[2009/09/25 21:57] 破滅の闇日記
大正野球娘。 第12話 「土と埃にまみれます」
晶子の魔球が見切られピンチの桜花会。 ついに逆転されてしまう…。 違う魔球を晶子が投げるけど、まだこれは小梅が受けれずさらにピンチに...
[2009/09/25 22:01] SERA@らくblog 3.0
大正野球娘。 第12話(最終話) 「土と埃にまみれます」 感想/総評
櫻花會の奮闘ぶり、1クール楽しませてもらいました。
[2009/09/25 22:14] ソウロニールの別荘
大正野球娘。 第12話 最終回 感想
 大正野球娘。  第十二話 最終回 土と埃にまみれます 感想    -キャスト-  鈴川小梅:伊藤かな恵  小笠原晶子:中原麻衣 ...
[2009/09/25 22:17] 荒野の出来事
大正野球娘。 #12(終)
【土と埃にまみれます】 大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray]出演:伊藤かな恵販売元:ポニーキャニオン発売日:2009-10-07おすすめ度:クチコミを見る 果たして桜花会は朝香中に勝てるのかな? 
[2009/09/25 22:20] 桜詩~SAKURAUTA~
大正野球娘。
時は大正時代。東邦星華高等女学院に通う鈴川小梅は友人の小笠原晶子の誘いで野球を始めることになった。男尊女卑の意識に支配された社会と...
[2009/09/25 22:27] ムメイサの隠れ家
昨日の大正野球娘。 第12話
「土と誇りにまみれます」朝香中の油断をついて先制した桜花会ですが、晶子の魔球のくせが見抜かれ自力の差が出てしまい逆転されてしまいます。一気に突き放されピンチになったところで、雪がファインプレーをしますが、着地した時に右腕を痛めてしまいます。怪我の具合が...
[2009/09/25 22:27] 地下室で手記
大正野球娘。 第12話(最終回) 感想~レビュー~
何だかんだで最終回。 当初は全く期待をしていませんでしたが、 回が進むにつれ、 金曜日の放送を待ち望んでいたように思います。
[2009/09/25 22:37] ~霧の向こうに~
大正野球娘。 第12話(最終回)
「土と埃にまみれます」を見ました。 全力で駆け抜けた大正野球娘たちのお話です。 みんな前向きで清々しい青春を送っています!
[2009/09/25 22:42] 春の恋と月の魔法
大正野球娘。 第12話「土と埃にまみれます」
「私ね、この試合をするのをとても楽しみにしてたの」 接戦の末、櫻花會が朝香中に負ける話。 負けてしまったとは言え、この作品も素晴ら...
[2009/09/25 22:51] 日記・・・かも
【最終話】大正野球娘。 第12話「土と埃にまみれます」
櫻花會のメンバーが直向きに野球をしている姿を見て、何だか少し感動してしまいましたw やってることはかなりベタなんですけどね・・・・・・全員野球に心惹かれたのかな。
[2009/09/25 23:07] よう来なさった!
大正野球娘。 第12話
大正野球娘。 第12話、「土と埃にまみれます」。 小説・コミックともに未読です。 とうとう最終回です!
大正野球娘。第12話『土と埃にまみれます』
頑張っている姿がとっても素敵です♪
[2009/09/26 00:26] アニメ好きのケロポ
大正野球娘 最終話 「土と埃にまみれます」
やべええええ、最高に面白かったああああああ!!! なんか最後とかの展開のアツさが(・∀・)イイ! 深夜なのに、めっちゃ目が冴えてしまっ...
[2009/09/26 00:26] アニメ・ゲーム工房
大正野球娘。 第十二話「土と埃にまみれます」
 面白かったーーーー!!!!! 「骨が折れていたってやるさ」  もう、主題歌が流
[2009/09/26 00:48] 気ままに日日の糧
大正野球娘。 最終回12話「土と埃にまみれます」
朝香中に魔球を見破られた!?一筋縄ではいかないようです(^^; 果たして、桜花会は勝つことが出来るのか?「大正野球娘。」も最終回で...
[2009/09/26 01:15] 新しい世界へ・・・
「大正野球娘。」第12話(終)
  第十二話「土と埃にまみれます」(終)ついに朝香中学との試合が始まった。序盤は、巴の打撃と晶子の魔球が威力を発揮し、桜花会がリードする。しかし、晶子の魔球に対策を講じた朝香打線は五回表、ついに逆転し、なお突き放していく。大量リードを許し、これ以上一点...
[2009/09/26 05:08] 日々“是”精進!
大正野球娘。・第12話
「土と埃にまみれます」 晶子の魔球に気づいた朝香中ナイン。次々と打ち込まれ、試合は逆転されてしまう。次々と点を取られ、旗色が悪くな...
[2009/09/26 06:59] 新・たこの感想文
大正野球娘。 第12話「土と埃にまみれます」
大正野球娘。 第12話「土と埃にまみれます」。こちらも最終回。 苦戦 晶子の魔球が見極められていた。魔球に手を出さず、的確に打ってくる朝香中。遂には3-5と逆転されてしまう。見極められたことに気づき、勝負球は苦手コースをつくことに変更。アンナ先生と記子はど?...
[2009/09/26 07:17] ひびレビ
大正野球娘。 第12話
「土と埃にまみれます」 燃えた! 燃えたぜよ~! 桜花会、試合にこそ破れましたが熱い展開で魅せてくれました( ´∀`)bグッ 朝香...
[2009/09/26 10:02] Brilliant Corners(alt)
大正野球娘。 第12話「土と埃にまみれます」(最終回)
櫻花會ナインのファイトあふれるプレーに感動!! いやー、いい最終回でした! 今期のJ.C.STAFF作品はどれも当たりですね♪ ついに晶子が捕まり、一時は3-9と6点差をつけられてしまった櫻花會ナイン。 単調な配球を読まれたのかな?と思いましたが、晶子の投球...
[2009/09/26 11:50] のらりんクロッキー
大正野球娘。 第12話「土と埃にまみれます」
最終回を迎えた【大正野球娘】ですが、結論からいうと思ったよりもずっと良い出来でしたね。全話通して「無茶苦茶面白かった回」というのも無かったといえば無いのですが、その逆も無く、毎回安定して見れる作品だったように思います。。当初より目覚しい成長、進化を....
[2009/09/26 12:14] 紅鏡の鑑
大正野球娘。 第12話(最終回) 『土と埃にまみれます』 感想
ラストで小梅がセーラー服を着ていたのが、とても憎い演出で、作品のテーマを表していました。大正野球娘。 第12話(最終回) 『土と埃にま...
[2009/09/26 12:48] メルクマール
大正野球娘。 第12話 土と埃にまみれます
たいやき最終回!! ナックルを小梅が気合でキャッチして勝って終わりかと思ったけど・・・そっか、負けちゃったか。でも、試合には負けたけど勝負には勝ったね。なぜなら”女だから”という偏見を払拭することが目的だったんだから。そして、小梅達は野球を通して確実に?...
[2009/09/26 17:05] 猫が唸る感想日記
大正野球娘。 第十二話(最終回)「土と埃にまみれます」 感想。
岡崎「やっべ興奮してきた!」
[2009/09/26 18:14] もす!
大正野球娘 「土と埃にまみれてます」
何か後日談が少なかった気がするけど、DVDで特典映像とかになってるのかな
[2009/09/26 20:13] 自由で気ままに
大正野球娘。 【評価 / 感想】
アニメの評価です。評価の仕方についてはこちらを参照。 大正野球娘。【 2009年 : 全12話 】【 J.C.STAFF 】オフィシャルサイトへ">オフィシャルサ...
[2009/09/28 17:19] 満天の星空の下で
『大正野球娘』 最終回 観ました
いよいよ最終回でした。 でもって試合は… 魔球のからくりを見破られて、魔球を回避し、ギリギリのコースの球を狙い撃ちにされて逆転されてしまう。そしてその傾向と対策…。朝香中がどのようにして魔球の投球を予知しているのかが、当初、分からず苦労をしますけど、そ?...
大正野球娘。 第12話(最終回)「土と埃にまみれます」感想
 小梅は、父親が野球のことを許してくれてよかったですが、晶子の方は描かれず残念で
(アニメ感想) 大正野球娘。 第12話(最終話) 「土と埃にまみれます」
大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray]クチコミを見る ついに朝香中学との試合が始まった。序盤は、巴の打撃と晶子の魔球が威力を発揮し、桜花会がリードする。しかし、晶子の魔球に対策を講じた朝香打線は五回表、ついに逆転し、なお突き放していく。大量リードを...
大正野球娘。 第12話「土と埃にまみれます」(最終回)
見破られた魔球! やせ我慢して鍋をかき回す小梅父! 果たして櫻花會は浅香中に勝てるのか!? 最終回も直球王道で爽やか! 面白かっ...
[2009/09/30 17:52] 空色きゃんでぃ
大正野球娘。 第12話(最終回) 「土と埃にまみれます」 感想
ついに朝香中学との試合が始まった。 序盤は、巴の打撃と晶子の魔球が威力を発揮し、桜花会がリードする。 しかし、晶子の魔球に対策を講...
[2009/10/03 02:06] ひえんきゃく



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。