新着記事

■新着エントリー
 ・01-05  ☆FGO 新年ピックアップでの奇跡(事件)
 ・01-03  ☆2015年アニメアウォーズ
 ・12-23  ☆告知?
 ・03-06  ☆ん?
 ・03-05  ☆ビルドファイターズとビルドファイターズトライ
■更新履歴
しばらくコメント表示は承認制にさせていただきます(スパム対策)

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘆きのロザリオ

2009年09月29日 23:01

超重神グラヴィオンDVD-BOX超重神グラヴィオンDVD-BOX
(2008/03/25)
福山潤

商品詳細を見る

ということで超重神グラヴィオンと超重神グラヴィオンZweiの感想とか。
あー……早く冬休みか春休み来ないかなぁ(早w
.
スーパーロボット大戦Zに参戦していた「超重神グラヴィオン」に興味を持ち(主にメカとキャラデザ的な意味で)、結局第2シーズンに当たるZweiまで見てしまいました^^;
そう、つまりかなめもとかの感想が滞ったのは全てこれのせい……というのは冗談だけど、どちらかというと直接的原因はスパロボZの方にあったような……まぁそれは置いておいて総括感想。
ネタバレ含むので自分で見るまでは見たくないという方はご遠慮ください^^;



あらすじ

西暦2041年。突如現れた、正体不明の敵「ゼラバイア」が地球に迫っていた。

ゼラバイアの地球侵攻を予見し、密かに対準備を進めていた謎の大富豪、クライン・サンドマンは武装戦隊「アース・ガルツ」を率いて、ゼラバイアに立ち向かう。アースガルツが所有する人型メカ「グランカイザー」に4台の戦闘機「グランディーヴァ」が合体することで巨大ロボット「ゴッドグラヴィオン」が誕生する。

ゴッドグラヴィオンは、その強大な力でゼラバイアを撃退する。だが…。


wikipediaより)

この作品に関してはどうまとめたものやら分からないんだけど書くと宣言してしまった以上誰も期待していなくても書かなくては(汗

まず全体的に見て、某所では内容が薄かったとかメイドを出して萌えをとろうとして中途半端になった感があるという意見が多かったけど、私としては充分楽しめました。
序盤はグラヴィオンの武装がどんどん解禁されていくだけの展開であれぇ?という感じではあったけど、グランカイザーのパイロットとして幼少時から城を一切出ることなく育てられた斗牙の人間的に欠落した部分を斗牙の対極にあるエイジが補っていくというか教えていくというか……そういうのはよかったかな。
でも流石にZweiで同じような展開になった時はあれだったけど^^;

5体のロボットが合体してスーパーロボットになる、というのは昔の勇者シリーズ以来久々に見たけどやっぱりロボット好きとしては燃えますね♪
……あれ?5体合体って勇者ロボだっけ?
私が見たのはゴルドランだけなんですが……(汗

メイドさん達がたくさん居たけど、誰が誰だか判らないだろうと思っていたら意外と分かってる自分が居る(笑
でもメイドさんとか主人公達のグランナイツとか差し置いて一番目立ちまくってたのは間違いなく変態紳士サンドマン閣下だなと(笑
s-vlcsnap-217436.jpg
「グランナイツの諸君」

s-vlcsnap-217484.jpg
「合神せよ」

↑はスパロボでも絵が挿入されていたけどこのシーンはカッコいい♪

s-vlcsnap-218570.jpgs-vlcsnap-220670.jpg

けど合体シーンで自分が乗ってるわけでもないのに一度言ってみたかったとグラヴィオンの名前を叫んでみたり、一応最高責任者なのにレイヴンに全て押し付けて豹柄水着でエンジョイしていたりと本当にカオス過ぎるw
しかしこう見えてZweiではサンドマンが過去に侵した罪、そしてリィルの本当のお父さんであった事など重い展開も用意されていました。
しかし最終決戦では不老不死のG因子を捨ててゴッドΣグラヴィオンを駆る姿はカッコよかった♪でも本質は絶対に変態紳士(ry

ゴッドグラヴィオンが敗れて月からソルグラヴィオンが降りてきて手を取り合うシーンは鳥肌モノだったし、最終決戦のソルグラヴィオンとゴッドΣグラヴィオンが合神してアルティメットグラヴィオンになった時は本当に身震いしました^^
本当にこの作品、所々微妙なところは多いけどスーパーロボットのお約束は抑えているし熱い王道を地で走ってくれたと思います♪


でもグラヴィオンの量産機のグラントルーパー5機の活躍は微妙でしたねぇ……サンドマンが孤児院で自分ではなく虐められていた斗牙を選んだ事について恨んでいたリーダーのフェイも結局サンドマンの紳士っぷりにデレてたし^^;
一期から戦闘機乗りで出ててグラントルーパーに乗ってたアレックスのスーパーロボット好きだけは共感できたけど♪
他の3機は……うん、まぁあれですね(何w

不満点といえば、ゼラバイアというものとの地球を巻き込んでの決戦はある意味でサンドマンと兄のヒューギの兄弟喧嘩というのはどうなんでしょうね。
展開的にはアリなんだけど掘り下げが少なかったからか突然兄とか言われてもって感じだったし、というかZweiの最初の方は殆どサービス回だったしその辺りの尺を考えて構成すればよかったのに……と言いつつこの作品はそういうシリアス展開よりもサービスの方に特化していたと解釈しているので仕方なかったかなと。
それにバカ回の方がサンドマンが弾けてて面白いしw

結局主人公達には殆ど触れずに変態紳士サンドマン最高♪としか書いていないような気がするけど良いや(ぇーw

総合評価:B-

主題歌の「嘆きのロザリオ」「紅の牙」は神曲♪
お薦めできるかどうかに関してですがジックリみたいぜ!な人でなければお薦め。
軽く見るなら良い作品だと思う。
ただやはり物語的には浅いのでストーリー重視という人にはどうかなぁ……王道大好きだぜという方は是非♪
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。