新着記事

■新着エントリー
 ・01-05  ☆FGO 新年ピックアップでの奇跡(事件)
 ・01-03  ☆2015年アニメアウォーズ
 ・12-23  ☆告知?
 ・03-06  ☆ん?
 ・03-05  ☆ビルドファイターズとビルドファイターズトライ
■更新履歴
しばらくコメント表示は承認制にさせていただきます(スパム対策)

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6

2009年11月04日 22:25

vlcsnap-81693.png
遅くなりましたが(毎回)、今回も「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんにお誘いいただいたので参加させていただきます♪
今回も少なめ3作品。

・大正野球娘。
・戦場のヴァルキュリア
・CANAAN


かなめもと宙のまにまに、視聴が間に合えば追加版としてもう一度TBさせていただきますm(__)m
.
ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。
キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。
音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
総合的な評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

評価は5段階で30点満点です。



★大正野球娘。

ストーリー:4

後日談的には物足りないものもありましたが、大正の女学生達が男子に野球で立ち向かうという設定には引き込まれましたし、この時代についての心理描写などがされていて非常に良かったと思います。
マイナス点は↑に書いた通り後日談が欲しかったなと。
とりあえず判睦がどうなったのかが非常に気になります(笑

キャラクター性:5

皆個性的で心に芯を持っていて好感が持てました^^
個人的に気に入ったのは胡蝶とたまちゃん、そしてヒロイン(笑)の三郎さんです♪
後はネタ的な意味で判睦(笑

画:5

良い仕事してくれたと思います。
細かいところまで綺麗に描かれていたし、文句なしです。

演出:5

先ほども書きましたが大正時代という舞台におけるキャラクターの心理、考え方など非常に興味深いものがありました。
野球の試合に関してはちょっと胡蝶が無敵すぎな気もしましたが、今まで努力してきた練習の成果を最終回の試合でぶつけてくれたので凄く熱い展開になり、視聴者側からしたらとても満足な形で終わってくれたと思います。
あの流れは凄く上手いと思いました^^

音楽:5

OP、ED共に元気付けられるというか勢いに乗せてくれるような曲で好きでした^^
そしてぱいのぱいのぱい!(笑

総合的な評価:5

文句なし。ここまで満足して気持ちよく最終回を迎えられた作品も少ないと思う。

計:29

個人的にここまで褒めちぎった作品は無いかと……今までハマったのって最近ですとネタ作品ですしね(笑


★戦場のヴァルキュリア

ストーリー:2

ガリア奪還のために義勇軍としてアリシアやウェルキンが戦っていくのは分かるんですが……途中までは凄く好きだったんです。
だけどイサラの死以降急降下、ヴァルキュリア人無双状態で戦闘シーンもある意味完全崩壊、そして最終的には閣下もキャラ崩壊状態で何とも後味悪い状態に;
原作の評価が高いだけにこの出来で原作ファンが満足するのかについて甚だ疑問です。

キャラクター性:2

ヴァルキュリア人が全てを狂わせましたよね。
ファルディオなんて完全急降下状態でしたし、閣下も力に取り付かれて、、、いや、あの人の場合は元々おかしかったようですけど。
魅力あるキャラクターが少なかったなという印象……序盤のウェルキンは好きですけど^^

画:5

こればかりは凄く綺麗だったと思います。
絵まで崩れてたら多分最終回まで見てませんでした。

演出:2

「死の扱いが軽い」という評価を所々で拝見しましたが、同意です。
イサラの死もそうですが、第1小隊がセルベリアの一撃で消滅した時とか、というかヴァルキュリア人が本当にバランスも演出も破壊しましたよね;
設定上仕方の無いことなのかもしれませんけど……声優さん達の演技に関しては文句なしでした。
大塚さんはカッコよかったし、福山さんとか順調に壊れてましたし(笑

音楽:3

OPは両方とも好きでした。
だけど他はそれほど耳に残るような曲はなかったなという印象。

総合的な評価:2

個人的には序盤だけなら4を付けたいんですが……終盤とてつもなくつまらなかったので2で。
お薦めできるかに関しても微妙です。

計:16


★CANAAN

ストーリー:2

最初いまいちピンと来なかったんですが、一応カナンがアルファルドを仇として追っていくという捉えかたで良かったんでしょうか?
あれ?何でこんなあやふや認識なのにDVDに手を出してるんだ私(マテw

キャラクター性:3

共感覚や色々な特殊能力などとても興味深かったんですが個人個人で見ていくと主役級は微妙ですね;
ミノさんとユンユンは好きですけど……勿論リャン・チー様の狂いっぷりは最高ですが!(ぇーw

画:5

結局前期は絵が綺麗な作品しか見ていなかったような……(汗

演出:3

戦闘シーンなどとても迫力があって良かったです。
ただ、少し心理描写というか内面が分からなくなるところがあったような、それがちょっと残念です。

音楽:4

OPは間違いなく神曲だと思う。

総合的な評価:3

一気に見るなら良い作品だと思います。
考察しながら見るのも楽しそうですが、難しそう(汗

計:20



ベストキャラクター賞:鈴川小梅(大正野球娘。)

大正野球娘。のヒロインから選ばせていただきました^^
持ち前の明るさから誰にでも好かれるという可愛いキャラだったので……真のヒロインである三郎さんと迷いました(笑

ベストOP賞:Super Noisy Nova/スフィア(宙のまにまに)

個人的にピンときた曲だったので……「mind as Judgment」とかなり迷いましたけど明るく歌い上げたスフィアの魅力に1票という事で。

ベストED賞:君の知らない物語/supercell(化物語)

こちらは文句なしかと♪……対象外でしょうか?
といいつつも「ユメ・ミル・ココロ」とかなり迷いました;
もしEDも対象外でしたら「ユメ・ミル・ココロ/伊藤かな恵(大正野球娘。)」でお願いします^^;

ベスト声優賞・男性:杉田智和(涼宮ハルヒの憂鬱:キョン)

化物語入れてよかったのなら神谷さんなんですが……他に候補がいないのでハルヒに振り回されつつもツッコミとアドリブを忘れなかった杉田さんに(笑

ベスト声優賞・女性:伊藤かな恵(大正野球娘。:鈴川小梅、宙のまにまに:明野美星など)

私の中で前期一番評価を上げた伊藤さんに一票。
元気の良い声で美星や小梅といったキャラを見事に演じてらしたので……今後も頑張って欲しいという期待も込めて^^
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6
    ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人のピッコロさんの企画。2009年9月に終了したアニメを評価してみようというものです。企画について詳し...
    [2009/11/04 22:51] ムメイサの隠れ家
    2009年9月終了アニメの評価
    『今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6』 今回もゲームやアニメについてほそぼそと語る人様の ピッコロさんの企画の方に参加させていただきました(^^) 興味のある方はリンク先の方々の評価も是非ご覧になって下さいな~。 以下からが当ブ...
    [2009/11/04 23:36] ミナモノカガミ



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。