新着記事

■新着エントリー
 ・01-05  ☆FGO 新年ピックアップでの奇跡(事件)
 ・01-03  ☆2015年アニメアウォーズ
 ・12-23  ☆告知?
 ・03-06  ☆ん?
 ・03-05  ☆ビルドファイターズとビルドファイターズトライ
■更新履歴
しばらくコメント表示は承認制にさせていただきます(スパム対策)

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キディ・ガーランド 第23話 「とまらない想い」

2010年03月20日 16:01

s-キディガーランド

キディ・ガーランド 第23話感想です。

全ては復讐のために
.
s-kiddygirl23-01.jpg

支配ではなく破壊を望む

ガクトエルによって銀河系を破壊する威力を持った爆弾の封印が解かれ、銀河系は未曾有の危機に;
呼び寄せたミストラルでガクトエルを止めに向かうアスクールとク・フィーユ、そしてディアですが……

「この事件が終わったら、呼び捨てでも許してやる」

ドゥルダムのデレ来ましたー♪(笑
必ず帰ってこいとのエールなわけですけど頬を赤らめてるのが可愛い(笑
そしてすっかり馴染んでしまってるリュビスとリトゥーシャ、パウーク……計画を止めるという話に際し、やはりこの3人は何も聞かされていなかった組なのでしょうね。もし計画の全容を知った上で心酔していたらガクトエルの行動に疑問を抱いたり、こうもあっさり投降もしていないでしょうし。

ミストラルに乗ってガクトエルのいる空域へと急ぐけど、当然の如くGソサエティの艦隊が道を阻みます;
その艦隊を上空から叩き落したのがGTOの艦隊……時間が動き出した際に凍り付いていた艦隊も動き出して合流できたとの事で、まさにナイスなタイミングだったと言うところでしょうか^^

艦隊を抜けた先で迎撃に出てきたのはトーチ&シェイドの乗った船と、怒り狂いまくってる前回串刺しになったはずなのにピンピンしてるサフィルが乗ってる船^^;
怒りに任せた攻撃でミストラルを押しまくるサフィルに対し、ミストラルはアスクール達がいない方が思い切り戦えるとか……つまり「操縦はお前たちには任せておけない、ここは俺に任せとけ!」ということですね、分かります(マテw
アスクール達がガクトエルに向かって瞬間移動した後、ミストラルは言葉通り2隻を圧倒♪
まぁ操縦云々さておいて、降ろしたのは操縦者に限界を超えるGをかけることになるからとかそういう理由なんでしょうね。
制限がなくなったからこそあそこまで動けたわけですか……多分ですが;

「1人の寂しさを紛らわせるには人形遊びは最適だ」

ガクトエルにとって、もしかしたらGソサエティという組織そのものが寂しさを紛らわせるための『人形』だったのかもしれませんね。
勿論銀河を破滅に追いやるという目的に必要だったからというのもあるでしょうけど、「何も無いものにとって与えられたものが全て」と言っていたガクトエルにとってはシャドウワーカーたちも見事なまでの人形扱いだったのかと。

望むのは、支配ではなく破壊……協力関係にあったはずの惑星連合評議会の議長に対しそう言い放ったガクトエル
今回はシスコン的な意味だけではなく、いろんな意味で狂ってますね(汗

自分を否定した世界を今度は自分が世界を否定する
ノーヴルズとして生まれたガクトエルは男子でもなく女子でもない、男子であって女子でもある体に生まれた事でローゼンブルム家からあの能力開発の研究所に送り込まれ、地獄のような実験を繰り返された。
死を望んでも法的に存在していない事になっており、研究所の所有物扱いの状態となっていたガクトエルは、中々死なない事から能力が目覚めるかもしれないという理由で生き永らえていたところに妹であるリーゼロッテ、アスクールが送り込まれてきたと……パートナーを得たガクトエルは能力に目覚めて~それ以降は前に語られた通りなのですが、、、

自分がされた事を世界に対してしているだけ。
自分を地獄のそこへ突き落とした世界の全てを今度は自分が世界の全てを地獄に突き落としてやる
……何と言いますか、確かに同情できる余地もありますし、理不尽な扱いを受けてきて絶望した事も分かりますけど……完全に八つ当たりですよね;
記憶を取り戻しているアスクールの否定の言葉も届かぬほど絶望が深かったのですか……というかそもそもあの研究所とそこに関係ある組織、自分を研究所に追いやったローゼンブルム家のみを攻撃対象にしていればとも考えてしまうんですよね;

s-kiddygirl23-02.jpg

復讐のために再びアスクールを手中にしようと赤薔薇を手にク・フィーユを襲うガクトエル、しかしガクトエルの船に局長たちの船が吶喊して窮地を脱します^^
これについては後日書こうと思っていた小説版からの設定の補完の話なんですけど、ガクトエルの持つ赤い薔薇はそれ自体がツールで、全銀河市民が取り込んでいるナノマシンを体内部から暴走させて内部から死滅させるというものだったんですね。
トリクシーたちの事件からずっとガクトエルの能力なのかと考えていたのですが読んで得心がいきました。
ということで詳しい補完などは小説版を買い求めて読んでいただけれb(ry
需要があるか分からないけど最終回までには間に合わせます^^;

局長たちの狙いはガクトエルを亜空間へ封印する事。
まぁありていに言えば面倒なことを全て新人に任せておいて手柄は自分たちが頂くと(違w
ゾマのあの小型ケース……アームブラストの時のトランクが随分小さくなったものですね^^;
時間を止めてそれを阻止するガクトエル、しかし同じ時間能力者のク・フィーユの動きは止めきれず。
アスクール、そしてディアとの3人での共鳴により力を増したク・フィーユがガクトエルの動きを止めた一瞬の隙をついて亜空間への封印が完了されました^^
2人で1組のESメンバーにおいてこの3人は最後まで3人で1組を貫けたのは良かったと思いますね。

s-kiddygirl23-03.jpg

再封印

銀河爆弾を再び封印するためにク・フィーユをエルデメテオールへ送り届け、エクレールとリュミエール、そしてアスクールとク・フィーユによる空間と時間を操る力で完全に封印♪
意識下での邂逅だったのか、エクレールとリュミエールが喋りました^^
アスクールのぽっきゅ~ん♪に突っ込みを入れてるエクレールもぢゃっぢゃ~ん的な意味で人の事言えませんよね(笑

2組で力をあわせて完全に銀河爆弾を封印しましたが……封印が終わった瞬間、ガクトエルを閉じ込めていた亜空間が消失;
トーチとシェイドの幻影能力で全ては幻だったとかもう;
銀河爆弾の封印は幻ではなかったもののエルデメテオールのワープゲートが開いてしまい、銀河爆弾ごとこの空域にいる全てのものがある惑星へとワープを開始……
ローゼンブルム家の者にしか止められないエルデメテオールの機能、しかしアスクールは力を使い果たし瞬間移動が出来ず;
ドゥルディさん達がリトゥーシャたちに案内されてメインコンピュータに直接アクセスしに向かうけど……

ク・フィーユの前に集結するガクトエルとシャドウワーカー;

アスクールもク・フィーユも銀河爆弾を止めるのに能力を使い果たしている状態なので抵抗できませんし……この状況、トリクシーとトロワジェインの時と被るのですが;
サフィルの攻撃からク・フィーユを庇ったリュビスは凍りつかされ、ディアを守ったタマはディアを囲んだ状態で凍り付いてしまいピンチ;
仲間思いの連中だとトーチは評したけど、それに対して昔の俺たちみたいだなと言うシェイド……トーチの疑念通り「今は?」という話になってくるのですが……この辺りは来週決着をつけてくれるのでしょうか。

GTOのあるアイネイアースに銀河爆弾を落とす

なんというコロニー落とし(滝汗
しかし笑ってられない話ですよね……ドラゴンボールやグレンラガンの世界だと何てことないかもしれませんけど(笑)普通に星同士の激突なんてされたら銀河中が破滅、さらには片方が爆弾状態ですからね;
ク・フィーユを、銀河を救いたければ来いというガクトエルはどこまでもシスコンなわけですが……

さて、来週最終回ですよね?
最終回って言ってなかったけど、DVDは全12巻ですし24話が最終回で間違いないはず。
結末が全く見えない……ある意味想像できない最終回というのは楽しみでいいかもしれませんけど、ソラかけのごとく伏線未回収のまま「宇宙をかける少女なんて向いてなかったんだよ」エンドは嫌ですし(笑
あとワープ中の空間でエクレールたちはどうなったのか、力を使い果たしたところはかろうじて写していましたけどその後は完全にフェードアウトでしたし^^;
次週こそは新旧主人公の活躍に期待。
そしてなんとなく期待したいのは敵シャドウワーカーたちのパートナー同士の絆かな。
リトゥーシャとパウークのコンビ以外考えにおいては対立状態になっているでしょうし最終回でどう見せてくれるのか。
2組とも相討ちエンドはやめてほしいです^^;



FC2ブログランキング


にほんブログ村 アニメブログへ
↑物凄く下がり気味なのでクリックお願いします♪
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    キディ・ガーランド #23
    【とまらない想い】 キディ・ガーランド 第1巻 限定版 [DVD]出演:内田彩販売元:角川書店発売日:2010-02-05おすすめ度:クチコミを見る 今度は私が世界を否定する番だ! 
    [2010/03/20 16:16] 桜詩~SAKURAUTA~
    KIDDY GiRL-AND 第23話 「とまらない想い」 感想
      なぜク・フィーユには"記憶によれば"以外の決め台詞的な口癖を用意しなかったのでしょうか。…というのはさておき、いよいよ物語は大詰め...
    [2010/03/20 18:29] Little Colors
    キディ・ガーランド 第23話「とまらない想い」 感想
     遂に凍りついた時間の凍結が解ける時が…。アスクール達はこの危機を乗り越える事ができるのでしょうか。いよいよクライマックスにさしかかってきました。  で、今回の見せ場はあの二人とのやりとり!なんか感慨深いものがありました~。もうこの二人だけ出ればいい気...
    [2010/03/20 18:44] コツコツ一直線
    KIDDY GiRL-AND(キディ・ガーランド) #23「とまらない想い」
    ガクトエルによって時間の氷ついた空間の時が動き出してしまった。25年前と同じだというトゥイードゥルダムに、トゥイードゥルディはリュミエールとエクレールが力を使い果たしているため、それ以上に最悪な事態だと嘆くが、アスクールたちは「そんな事はない!」と何とか...
    [2010/03/20 18:58] 無限回廊幻想記譚
    キディ・ガーランド 第23話「とまらない想い」
    戦闘シーンは見事だった!
    [2010/03/20 19:13] 妄想詩人の手記
    キディ・ガーランド 第23話 「とまらない想い」
     ぢゃっぢゃーんとぽっきゅーんの共演。
    [2010/03/20 19:38] つれづれ
    キディ・ガーランド #23 『とまらない想い』
    アスクール、ク・フィーユ、ディアが搭乗していない方がミストラルの力が発揮できるのは、Gを無視した動きが出来るからでしょうね。決して、3人の体重が足かせになっている訳ではありません。だって、3人も樽でないしね。
    [2010/03/20 22:06] ゼロから
    『キディ・ガーランド』 第23話 観ました
    前回の終わりに前作のヒロイン、エクレールとリュミエールが登場。 今回、彼女たちにどれだけ出番があるのか激しく気になりますね。 時間と空間を操る能力者、それがアスクールとク・フィーユ。 彼女たちが今まで時間を止めていたエク、リュミの代わりを果せるか… そん...
    キディ・ガーランド 第23話「流れ始める時間」
    爆発を止めるために・・・
    [2010/03/22 12:38] 記憶のかけら*Next
    キディ・ガーランド 第23話「とまらない想い」
    形勢が二転三転、戦闘シーンはSFアニメらしい迫力で見ごたえがありました。 惜しむらくはガクトエルが大それたことをやらかそうとしている反面、 その理由が「復讐のため」というスケールの小ささ。 一気に大悪党という感じが薄れました さらに男でもあり女でもあり?...
    [2010/03/23 21:46] のらりんクロッキー



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。