新着記事

■新着エントリー
 ・01-05  ☆FGO 新年ピックアップでの奇跡(事件)
 ・01-03  ☆2015年アニメアウォーズ
 ・12-23  ☆告知?
 ・03-06  ☆ん?
 ・03-05  ☆ビルドファイターズとビルドファイターズトライ
■更新履歴
しばらくコメント表示は承認制にさせていただきます(スパム対策)

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラハムさんに妹がいるわけがない 第03話

2010年10月21日 22:47

s-vlcsnap-2010-10-21-22h16m18s81.jpg

ついに親に趣味の事がバレてしまった桐乃。
グラハムさんは兄(役)としてこの危機を救うことはできるのか―――
.
s-vlcsnap-2010-10-21-22h18m22s42.jpg
「もしアニメやゲーム、無理矢理捨てられてもそれで今までの私がなかったことになるわけじゃないから、だから好きでいる事だけは絶対やめない!」

s-グラハムSP (14)
「良い答えだ。私に任せておきたまえ」



桐乃の父を説得すべく、『戦場』へと赴いたグラハムさん。
早速交渉を始めるものの―――





s-グラハムSP (56)
「子供が道を外そうとしているのを正すのが親というものだ。それが間違っているというのか?」
「悪いに……決まってる……!あなたは知っているはずだ!大切な誰かに失望されることの痛みが、目の前で誰かが苦しんで、傷ついて、でも自分には何も出来なくて……どうしようもないって苦しみを知ってんだろ!焦ったはずだ、辛かったはずだ、苦しかったはずだ、痛かったはずだ、怖かったはずだ、震えたはずだ、叫んだはずだ、涙が出たはずだ!だったらそれは駄目だ!そんなに重たい衝撃は、誰かに押し付けちゃいけないものなんだ!!」









s-グラハムSP (29)
「と、いうようなことを私の友人が言っていた」
「偉そうなことを言い出したと思ったら受け売りか」





s-グラハムSP (59)
「……これは桐乃の友達が送って来た写真だ。これは憚らなければいけないものだろうか?これが今、彼女が手に入れたもの、ここにある全部が彼女なのだ。一つでも欠けてしまっては、彼女は彼女ではなくなってしまうのだ……これを見てまだ認めないと言うのなら、まずはその幻想をぶち殺……失礼、私が!彼女の代わりに親父殿をぶっ飛ばすしかないな!」
「また受け売りか?」




s-vlcsnap-2010-10-21-22h20m20s194.jpg
「……くだらん趣味と言ったことは訂正しよう。桐乃の趣味を認めてやってもいい。だがこれは駄目だ」
「R-18のゲーム……ふっ、親父殿。それについてはこの一言で解決する」


s-グラハムSP (64)
「『このアニメの登場人物は全員18歳以上です』」
「どこの世界に18歳以上の中学生がいるというのだ!?」



ならばこのゲームは私のものだと主張するグラハムさん

s-vlcsnap-2010-10-21-22h20m52s5.jpg
「……お前は妹の部屋で妹のパソコンで、妹にいかがわしい事をするゲームをやっていたというんだな?」
「ふっ、その(やらされそうになった)危機を脱するために私が取った方策がこれだ……親父殿、このゲームの中身、とくと見るがいい!」





グラハムスペシャル(笑)01
「刮目せよ!これこそが私(と友)が作った自作ゲーム『スーパーロ○ット大戦G』!勿論『G』はグラハムのGだが……もしあれならガンダムのGと解釈してもらっても」
「分かった……もういい、勝手にしろ!!」



こうして無事、父親に桐乃の趣味を認めさせることに成功したグラハムさん

s-vlcsnap-2010-10-21-22h21m27s103.jpg
「あのさ……ありがとね、兄貴」

s-グラハムSP (52)
「ふっ、私には造作もないことだ」


後日、戻って来たゲームの「中身」を見た桐乃にデレを撤回され、フルボッコの上に弁償させられたのは言うまでもなく―――



風邪引いて一日遅れました;
まぁオチがアレだったからどうにかしようと思っていたわけですけど、結局このままに。
考えられるほど頭が回っておりません^^;

明日書けたらそれ町感想と狂乱無敵雑記を……駄目なら一日ずつずれます;
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。