新着記事

■新着エントリー
 ・01-05  ☆FGO 新年ピックアップでの奇跡(事件)
 ・01-03  ☆2015年アニメアウォーズ
 ・12-23  ☆告知?
 ・03-06  ☆ん?
 ・03-05  ☆ビルドファイターズとビルドファイターズトライ
■更新履歴
しばらくコメント表示は承認制にさせていただきます(スパム対策)

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MEN OF DESTINY

2011年01月28日 14:59

G-SELECTION 機動戦士ガンダム0083 DVD-BOX (初回限定生産)G-SELECTION 機動戦士ガンダム0083 DVD-BOX (初回限定生産)
(2011/05/27)
堀川りょう、佐久間レイ 他

商品詳細を見る

「ガトォ――――――!!」

中の人的な意味でたまに「工藤ぉ――――――!!」とか「カカロットォ――――――!!」に置き換えていたのは秘密(笑
ということで機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYを全話視聴したので簡易感想とか。
ネタバレ注意。
.
ガトォ――――――!!

コウの台詞の50パーセントはガトーで構成されています(ぇーw
いやはや、予想以上に面白かった♪

s-0083-01.jpg

まずは機体の方から。
試作1号機は純粋(オーソドックスなタイプ)なガンダムといった感じでカッコよかったですし……何より試作2号機がカッコよすぎてキュンキュンです♪
核弾頭装填が済んだ後にガトーによって盗みだされた試作2号機、あれ核撃った後はビームサーベルとバルカンしか装備ないのに馬鹿強いんですがw
ガトーの技量もあるんでしょうけど、、、スパロボAではバルカンに手こずりました(苦笑

試作1号機Fbと試作2号機の最後の対決は本当に素晴らしかった、というよりコウが短期間でガトーにあそこまでの肉迫(装備、機体重量などの差はあるでしょうけど)を見せるとは♪
相討ち後にガトーが当初ただの新米パイロットと見下していたコウに対して
「確かウラキとか言ったな……2度と忘れん!」
と言い放つシーンはシリーズ屈指の名シーンだと思う^^

s-0083-02.jpg
そして圧巻の試作3号機♪

デンドロビウム最高過ぎるでしょうこれ……もはやMSではなくMAのような^^;
全身武器庫でIフィールド装備とか……浪漫ですね。開発者の方は分かってた(笑
ノイエ・ジールとの激戦は最高でしたけど、結局純粋な決着がつく前にあの禿(バスク)の横槍が入ってしまったのが残念でした;;
ガトーは最終的に特攻という形になったんですね……まぁIフィールドを失っていたノイエ・ジールであの砲撃の中突っ込んだんですから凄かったのですが;;

忘れがちなシーマ様のガーベラ・テトラ……呆気なさすぎる退場劇でした^^;
ビーム砲塔に串刺しとかもうw

s-0083-03.jpg

テストパイロットで戦場未体験のコウ・ウラキが、一年戦争で名を馳せた「ソロモンの悪夢」ことアナベル・ガトーと出会って、追いかけて、ガンダム同士で戦う事は運命だったのでしょうね……ニナさん的な意味で
ガンダム三大悪女の一人と呼び声高いニナ、、、正直最初は何故悪女なのかさっぱりわからなかったけど、最後まで見ると凄く納得できる。これは酷いでしょう常識的に考えて;

落下するコロニー内ではかつての恋人のガトーを選び銃口をコウに向け、戦争終わったら(ガトーが戦死したため)コウのもとに戻ろうとしてるとかw

まぁ、かつての恋人と今の恋人が戦う姿なんて見たくないという意味では同情できるんですけどね……最初は本当に「自分が作ったガンダム同士の戦い=どちらかが壊れる」だから全力で拒絶してるのかと思いましたけど^^;
↑のページで散々言われてるように三大まではいかなくても、確かにこれは酷いなと……色々解釈があるだけに一概に言えないというのはありますけどね^^;
三大悪女ということはあと2人いるはずですけど……キシリアとかシーマ様とかカテジナさんとかラクス様(笑)とかいるから絞れないw
ハマーン様?あの方は別格なのでいいのです(ぇー
そういえばハマーン様少し出てましたね^^

この作品は大塚さんのガトーといい菅原さんのバニングさんと良い渋カッコいいボイスが多すぎて困る……逆にモンシアがアレすぎてもうw茶風林さんとか予想外すぎるw
……それにしても何で死んでしまったんでしょうかバニングさん;;
確かに新OPに姿が無かったから嫌な予感はしていたんですけども、、、声が渋カッコよすぎて退場したのが信じられません;;
終盤モンシア達の出番が減っていったのが残念でしたけど、その分コウvsガトー、星の屑作戦をじっくり見られたので良かったかも。
戦争終結後、アルビオンクルーはティターンズに参加するんですね……これは普通に意外でした;

星の屑作戦と名を打った作戦を遂行すべく立ち上がったジオン残党デラーズ・フリート
この作戦についてスパロボで見てるはず、なのに裏をかいていく展開に手に汗握りました……コロニー同士をぶつけて反発作用で1基を月に向かわせ、シーマ様が懐柔したフォン・ブラウンの市長によって、レーザー照射で推進力を得て地球落下コースをとるとは;

月に向かわせたのが照準ミスとかではなく、コンペイトウからの残存艦隊の推進剤を使い切らせる(=追えなくなる)ことにあったとか全く気付かなかったのですよ……というか戦艦への推進剤の必要性さえ認識してなかったです(汗
何度も見返してる∀とか、種とか00(ティエレン宇宙型はそれっぽいのあったけど)とかだとそういうの(多分)出てこなかったですし^^;

シーマの裏切りがあってデラーズは倒れましたけど、結果的に地球へのコロニー落としは成功してしまったんですね……私は最近ようやくにわかレベルだと認識した(!?)ので1年戦争が何年(0079?)だったのか分からないし、Zの前だとしてZは何年(0086?)だったのかすら認識してないので、このコロニー落としの爪痕の描写についてよく分からないのが正直なところ。
あ、ポケットの中の戦争は0080ですよね、分かっています(マテ

序盤はガトーを追いつつもコウの成長期、中盤はケリィさんとの出会いがあったり核が火を噴いたり、終盤は怒涛のコウvsガトーと終始息をつかせぬ展開でした♪
全13話だけあって多少走り気味でしたけど、OVAでこの長さ、規模は十分すぎますし、寧ろ長いだけのガンダム(別に種シリーズとはいってないですよ?)等よりは密度も濃く楽しめました♪
これは確かに見ておいた方がいい作品だなと……というか高校時代にガンダムは初代から宇宙世紀、∀は勿論のこと逆シャア、0083は絶対見なさいと言われておきながら最近まで忘れていた(笑)わけですが、得心がいきました^^

相変わらずまとめにもなってないけど、まぁ面白かったからよしということで。;

後期OPについては神すぎるということで結論(キリッ

狂乱無敵雑記は∀のDVDBOXが届いたので明日書く予定です^^
あとは他の感想休んでるので、とある(禁書とか超電磁砲ではない)作品の感想を書く予定。
予定は未定、あぁ、予定ってなんて便利な言葉(ry



FC2ブログランキング


にほんブログ村 アニメブログへ
↑物凄く下がり気味なのでクリックお願いします♪
関連記事


コメント

  1. | URL | SFo5/nok

    昔からガンヲタの間ではしばしば言われますが、
    アルビオンクルーはティターンズに参加したので
    Zでエゥーゴ勢に落とされている可能性が非常に高いです。
    0083は効果音(宙域でのMS撃破時の空気漏れ音など)も特徴的で素晴らしいOVAでしたね。

    余裕があれば0080や08MS小隊も見ることを強く推奨します。

  2. 無敵 | URL | 3a4O4kSU

    >名無しさん

    コメどうもです♪
    返信遅れたというレベルじゃなくて本当に申し訳ありません;

    なるほど、そういう話もあるんですね……しかしアルビオンがティターンズに参加するという流れは予想していなかったので、最後は衝撃でしたね;
    勿論ニナについても同様なのですが(苦笑
    Zで落とされていなければいいなと思いつつも、審議が気になるところであります^^;
    0083は効果音等本当に素晴らしかったと思います^^
    0080は近いうちに借りる予定なので今度見てみます^^

    コメントありがとうございましたm(__)m

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
トラックバック
この記事のトラックバックURL




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。