新着記事

■新着エントリー
 ・01-05  ☆FGO 新年ピックアップでの奇跡(事件)
 ・01-03  ☆2015年アニメアウォーズ
 ・12-23  ☆告知?
 ・03-06  ☆ん?
 ・03-05  ☆ビルドファイターズとビルドファイターズトライ
■更新履歴
しばらくコメント表示は承認制にさせていただきます(スパム対策)

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 横浜ベイスターズを振り返る 野手編(~8/18)

2011年08月24日 18:00

ルル06
今年何だかんだでセリーグ一の得点力を誇るベイスターズ。
ではなぜ勝てないのか……という勝手な観点からちょっと見て行こうと思います。
.
4番ですよ、4番

正直これしか言いようがないというか。
今年はチームのために全力疾走を掲げた村田キャプテン
その全力疾走は話題になり序盤のチームの好調を支え、ニュースにも取り上げられ、さらにはオールスターでもその足で2本の内野安打を稼ぎました。
守備の動きも格段によくなり、今年のベイスターズは違うぞ!というのをよく表してくれていたと思います。

でもそれだけです。

何が言いたいかというと、野球人にとって全力疾走は当たり前のことであり、全力プレーも当然であって普通こんな表立って宣言してやるものではないのです。
確かにファンはこの全力プレーを見て賞賛すべきなのでしょうが、何故それを今までやらなかったのか、と逆に思うことも大切です。

またもう一つ重要なのが全力疾走にかまけすぎたのか、本来の打撃を見失っていること。
最近の村田キャプテンは内野ゴロが目立ちます。
打つ瞬間で足が疲れて打点がずれているのかどうかは知りませんが、4番として本来の打撃が影をひそめています。
これは故障明けだった去年にも言えることであり、今年はさらに統一球の影響が出ているのでしょうか。
4番として求められるのは当然本塁打、というのもありますけど、一番大事なのは前の打者がためたランナーを返すこと。
しかし村田キャプテンの併殺打の多さを見れば分かる通り、今やっているのはチャンスを潰す作業。


今やるべきことは一刻も早く調子を取り戻すため、一時の休養を兼ねた調整だと思います。
まぁ端的に言うとスタメンを外れるとか4番を外れるとか1軍を外れるとか……今の状態ではせいぜい7番レベル
内野安打量産を目指して1番打者になるぜ!と言うのなら止めはしませんが……^^;

一方最近存在感を見せているのが下園選手
故障明け(震災の日に右足骨折;)から1番に座って見事な選球眼で打率2割5分程度で出塁率4割台をキープしています。
パンチ力もあるため、走塁守備面で不安はあるものの楽しみな選手でもありますね^^

そんな下園選手と1,2番を組んでいる石川選手。
彼については村田キャプテン以上に色々言いたいのですけども……三振の多さとか盗塁失敗の多さとか守備範囲の狭さとか肩の弱さとか
バントだけは何とか決められるのでアレですけど、正直足の速さ以外はレギュラーレベルは厳しいのではないかと思います。
何故こんな事を言ってしまうかと言うと、バントと足以外石川に勝っている藤田選手が後ろにいるからというのもあります
打数は少ないものの3割をキープ、チャンスでは期待でき、守備は上手く肩も強い。長打(本塁打はともかく)もある。
こうなってくると石川が出続ける理由と、不振の村田キャプテンが意地でも4番を外れない理由が気になってくるところですがはてさて……

石川と二遊間を組んでいる渡辺直人選手。
今年金銭トレードで横浜にやってきて、チームを支えてくれてる選手ですが……本当に楽天さんありがとうございます。
久々に良いトレードでした^^
藤田と渡辺のニ遊間は横浜ファンとしては理想形であり、それゆえに石川選手がいつ外野に行くか、という話になってくるのですけども(苦笑
右打ちも出来、ある程度走れ、守備も上手くチャンスで強い。何故出したんですか楽天さん……せめて武山くらい持って行って下さい(マテw

外国人のスレッジ、ハーパーの2人ですが、彼ら二人はよくやってくれています。
ただスレッジは本塁打打点ともに素晴らしい成績を残しているもののムラッ気が酷いのが難点
ハーパーは去年ほどの迫力はないもののきちっと仕事はしてくれます。
最近中村ノリさんが入ったことで少し出番が減少していますが、左右病にかかっている首脳陣が退陣するまでなのでなんとか我慢してほしいと思います。
その中村ノリことホワイトノリさんの加入は正直大きかったと思います。
右の代打が一輝しかいない中で彼がいるだけで存在感があって良いなと……来年ブラックノリさんにならないでくださいね?(苦笑

外野は下園・スレッジが固定でセンターは毎日変わっていますが、正直金城さんは併殺打の多さやボール球ばかり打ちに行くところから見てもチーム打撃が出来る選手とは思えないし、ワンチャンスの代打の方が向いているのではないかと……センターには将来性のある若手を使った方が、って誰かいましたっけ……(マテ

4番が一番の問題と書きましたが、それ以上にチームとして致命的な欠点があるのがベイスターズ
捕手が固定できないこと。これに尽きます。

武山は肩は強いけど打撃とリードが酷い
細山田は肩は普通、リードは良く打撃は酷い(最近は多少改善傾向?)
黒羽根は肩は凄く、リード、打撃は未知数。
新沼は打撃は良く、捕手としての資質に疑問あり(プレー内のミスの多さと弱肩)
橋本は……怪我なんでしょうか?良く分かりませんけどとりあえず肩は論外でした。


個人的には細山田を軸に黒羽根を並行して育てていくのが一番堅実だと思うのですがはてさて……選手が伸びないというより、これは何処かしこでも言われている上にノムさんの著書にも書かれていたことですが、横浜のバッテリーコーチは姿が見えない、とのこと。
つまり仕事をしているのかという疑問と現状を見る限り、間違いなく福澤バッテリーコーチは不要です
牛島さんの時代から居座っているらしいですし、うちは投手と捕手と問題点を掲げているやる気の無いオーナーはその原因の一端を少しは見いだしたらいかがでしょうか。
ファンの罵声にも負けず尾花監督を続投させるだけでなく、そのまま3年目もやらせるそうなのでさぞかし見通しの立ったプランがあるのでしょうね。

個人的希望オーダー

1.下園(9)左
2.藤田(6)左
3.渡辺直(4)右
4.スレッジ(7)左
5.ハーパー(3)左
6.村田(5)右
7.松本or内藤?(8)左
8.細山田or黒羽根(2)右
9.投手


どうしよう、自分で書いても全くパッとしない(汗
3番渡辺というのが冒険なのですが、基本的にチャンスに強く何でもできる器用さから無理矢理抜擢。
ただやはりインパクトが弱いですよね^^;
本当は村田キャプテン7番にしようと思ったけど、6番打てるのいなかったので;

まさかの3部作になりました(汗



FC2ブログランキング


にほんブログ村 アニメブログへ
↑物凄く下がり気味なのでクリックお願いします♪
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。