FC2ブログ

新着記事

■新着エントリー
 ・01-05  ☆FGO 新年ピックアップでの奇跡(事件)
 ・01-03  ☆2015年アニメアウォーズ
 ・12-23  ☆告知?
 ・03-06  ☆ん?
 ・03-05  ☆ビルドファイターズとビルドファイターズトライ
■更新履歴
しばらくコメント表示は承認制にさせていただきます(スパム対策)

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は普通の人間なのでMP(マジックポイント)は0です

2006年11月25日 23:30

エム×ゼロ 1 (1) エム×ゼロ 1 (1)
叶 恭弘 (2006/11/02)
集英社

この商品の詳細を見る



やっと会えたよエム×ゼロ(以降エムゼロ)♪
初版はかなり価値が高いんじゃないでしょうか?
アマゾンで800円近い値がついてたし。










たまたま本屋覗いたらラスト一冊という状況でした;
「To LOVEるー」は売り切れてましたけどね(買わないけど)



主人公の九澄大賀(クズミタイガ)は前作の「プリティフェイス」の乱堂の設定を引き継いでる気が。

喧嘩に強いという設定とか、厄介事に巻き込まれてばれたらまずい秘密を抱えるところとか。

魔法に関しては……ネギまで慣れてたのでこういうパターンもあるのか、と。

例えば岩を浮かせる場合

ネギま:岩に向かって呪文詠唱。

エムゼロ:詠唱が籠められたMP(マジックプレート)を岩に投げ、魔法発動。

結構違うものですねぇ……

こういうオリジナルな設定、そしてやっぱり綺麗な絵。
叶先生の絵は大好きです♪


柊愛花も可愛い。
前作の理奈みたいな印象ですね。
容姿とか天然なところとか(

愛花が使ってる声震砲(ボイスワープ)もよくできた魔法ですねぇ……
喉にMP投げ込んで……て大丈夫なのかな?

あと最初のほうで柊(父)がボルトと一緒に九澄の首にMPを投げつけ、首とボルトを合成して首と体を分離させたりと中々面白い使い方も。



とりあえず柊(父)の親馬鹿っぷりにはまったので今後も応援していこうかな♪(マテ

次巻が待ち遠しいです♪





プリティフェイス 6 (6) プリティフェイス 6 (6)
叶 恭弘 (2003/11/04)
集英社

この商品の詳細を見る
関連記事


コメント

  1. 憂者 | URL | dMB7xj6.

    確かに乱堂と九澄は設定そっくりですね…。
    言われるまで気付かなかった。((
    豆知識ですが、ジャンプではTo LOVEるとエム×ゼロのエロ度合(?)を分けているようです。

  2. 無敵 | URL | 3a4O4kSU

    >憂者さん
    コメントどうもです♪

    To LOVEるとエム×ゼロのエロ度合を分けてるって……
    いちご100%とプリティフェイスの時と同じじゃないですか;
    なんか色々と悲しいような(

    というかエムゼロはエロくないと思うよ、普通に(

    コメントありがとうございましたm(__)m

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
トラックバック
この記事のトラックバックURL




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。